国内ヘッジファンドの先駆けは「栃木の6畳1間」から始まった

ヘッジファンドに関心はあるけれども、情報が少なく、二の足を踏んでいる人も多いでしょう。そこでヘッジファンドマネージャーの話から、ヘッジファンドの実態を明らかにしていきます。今回話を伺うのは、国内ヘッジファンドの先駆けである株式会社GCIアセット・マネジメントの山内英貴氏。どのような想いで「栃木の6畳1間」で創業して、グローバルな運用ができるようになったのかを紹介します。

「暴落こそ買い」の信念を貫くために、大手商社と決別

今後「ロングショートファンド」の時代が訪れると言う。
「度重なる株式相場のショックは、損切りのタイミングではなく、エントリーのタイミング」だと言う。

 

――その6畳1間の部屋から抜け出したターニングポイントは何だったのでしょうか?

 

ITバブルが崩壊して金融環境が大きく変わろうとしていた2001年ごろ、大手商社各社が金融事業の領域にビジネスとして進出しようという動きになりました。

 

そこで以前からご縁があった大手商社の方から「一緒にやらないか」と声を掛けていただいたのです。そして、資金面や人的な支援をしていただくことになりました。

 

しかし、大手商社との投資活動は、私たちがやりたい内容というよりは、高級輸入車を販売するようなビジネスモデルでした。どちらかというと、自社運用というよりは、海外のブランド物を輸入して紹介し、私たちがゲートキーパーになって投資家に投資していただくような仕事が主体でした。

 

ただし、そのような活動をしていたなかでも、「グローバルな舞台で勝負がしたい」という想いはずっと持っていました。その流れが大きく変わったのが、2008年のリーマンショックです。

 

協業先の大手商社が金融事業から撤退することになったのです。私たちはむしろこのようなタイミングを「EXITではなく、Entryだ」と思っていたので、このリーマンショックを機に、MBOをして経営権を買い取り、自社戦略の提供にフォーカスしていこうと決断したのです。

 

このリーマンショックを機に腹をくくり、MBOをして経営権を買い取り、自分たちが思っている戦略にフォーカスして運用していこうと決意したのです。

 

――大きな決断に出たのですね。

 

そうですね。

 

自信のある領域にフォーカスして資産運用をやりたいという意思は強く持っていましたし、独立系である私たちが、グローバルな運用会社や大手金融機関と同じことをやっていても仕方がないので、自分たちが自信のある領域で思い切り勝負することにしたのです。

 

 

【ヘッジファンドセミナーを随時開催】
表舞台に滅多に出ないヘッジファンドマネージャーの話が聞ける数少ないチャンス!
>>>募集中の無料セミナーを見る

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【10/20開催】専門税理士の売却時の税務面の解説あり!「太陽光発電投資」の出口戦略

 

【10/20開催】国際税務に精通した税理士が“投資家目線”で語る「アジア投資」の進め方

 

【10/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【10/21開催】徹底比較!「東南アジア」5ヶ国6都市不動産投資環境

 

【10/21開催】短期償却&長期安定収益狙いの「新規事業投資」徹底比較

 

【10/27開催】コロナ禍におけるM&Aの最新事情と案件説明会

 

【10/27開催】2022年の日本株式市場は?マーケットの見通しを解説!

 

【11/4開催】富裕層のための「交通トラブル」対応ポイント~弁護士が解説!

 

【11/4開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

株式会社GCIアセット・マネジメント 代表取締役CEO

日本興業銀行でトレーディング、デリバティブ関連業務に従事した後、2000年4月に独立し、オルタナティブ投資とグローバル投資を専門的に取り扱う資産運用会社グローバル・サイバー・インベストメント(現GCIアセット・マネジメント)設立。2007年4月より東京大学経済学部非常勤講師。東京大学経済学部卒。

著者紹介

幻冬舎アセットマネジメント IFA事業室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載ヘッジファンドマネージャーの投資哲学

インタビュアー/冨中 則文(幻冬舎アセットマネジメント)

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧