入社半年の会社員…上司と馬が合わず、部署異動を希望した結果

中山てつや氏は著書『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』のなかで、職場における諸問題について語っています。本記事では、中山氏のキャリアコンサルティングとしての実務経験をもとに、日本の企業における問題点を考察していきます。今回は、相性の悪い上司とどのように向き合っていくべきか、見ていきましょう。

 

「会社で働いている限り、部下は、上司から言われたことだけをすればいいんです。それ以上のことをする必要はありません。指示された仕事が終わったら、後は上司に預けてしまえばいいのです。その結果どうなろうが、部下には関係ありません。責任はすべて上司にあるわけですから」

 

この話は、当時の私にとって衝撃的な内容でした。おそらく、日本で働く多くの会社員がそうであったように、「仕事は自分の納得がいくまで、とことん突き詰めないといけない」という信念で、日々の業務に取り組んでいたからです。

 

「部下は、上司から言われたことだけをすればいいんです」というくだりは、その後もしばらくの間、頭から離れません。加えて、それまで仕事に対して抱いていた観念が、「単なる思い込みに過ぎない」ということに気づきます。

 

社員ひとりでできることなど、たかが知れています。個人レベルの仕事の結果いかんで、会社がひっくり返るような事態にはなりません。

会社員が自分のアイデアを提案する際、注意すべきこと

上司は往々にして、「この仕事には、社運がかかっている。失敗は決して許されない!」などと発破をかけますが、大号令の裏には、「失敗でもすると、自分の出世に影響してしまう……」といった自己防衛的な心理が、無意識のうちに働いているものです。

 

仮に、社運がかかっているとしたら、責任は、もっと上の地位にいる「偉いさん」にあるはずです。従って、部下は、いつもと変わらず整々粛々と、指示された業務に取り組めばいいのです。仕事が終わった後は、上司にぶん投げて「業務終了」です。

 

「もっといいプランがあったら上に提案して、会社や部門の業績に貢献したいんです」という、前向きな社員もいるかと思います。とても大切な姿勢だと思います。その気持ちがあると、個人としてのスキルアップにつながりますし、キャリアの構築にも大いにプラスになります。

 

しかし、ひとつだけ注意しなければならないことがあります。それは、「自分のアイデアを提案する時は、相性の良い上司に対してのみ行う」ことです。

 

相性の良い上司であれば、その話を前向きに聞いてくれるかもしれません。また、積極的な姿勢も評価してもらえるでしょう。場合によっては、アイデアを採用してくれるかもしれません。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?

なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?

中山 てつや

幻冬舎ルネッサンス新社

キャリアコンサルタントの著者は、自身の体験をもとに、会社でうまく生きていくためには、上司の「好き・嫌い」に左右されず、癖を見抜き、方針の変換には柔軟に応じること、人事権は誰の手にあるか常に確認しておくことが鉄則…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧