株式投資「初心者が狼狽売りした、そのとき」底値になるワケ

投資初心者には、株価が値下がりすると慌てて売却してしまう人が少なくありません。しかし、株価の暴落時に市場でどんなメカニズムが働いているのかを知れば、投げ売りを思いとどまることができるようになるかもしれません。ここでは、暴落が暴落を加速させるメカニズムのほか、積立投資は暴落があっても絶対投げ出してはならない理由等について、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

初心者が狼狽売りしたタイミングが底値になるワケ

こうしたメカニズムで株価が暴落し、狼狽した初心者が売り注文を出した瞬間の株式市場の様子を想像してみましょう。売りたい人はみんな、売り注文を出し終わっています。「売りたくない売り」の注文もすべて出ています。

 

ということは、これ以上の売り注文は出てこない、ということです。売り注文が全部出たあとで、最後に出てきた売り注文が初心者の狼狽売りなのですから。

 

そうなると、売り注文がないなかで投機家の買い戻しの注文が出るわけですから、株価は容易に戻っていきます。休暇を終えた機関投資家の担当者も、新しい気持ちで「暴落して割安になった株は、いまが買い時だ」と考えて買い注文を出すでしょう。

 

つまり、初心者が投げ売りの注文を出すと、その値段が底値となって株価は簡単に戻っていく、というわけです。

冷静に見極め、「売るべき」と判断したら売る

もちろん、暴落した株価が必ず戻るとは限りませんから、売り注文を出すべきときもあるでしょう。株価が暴落したときに、「今回の暴落は単なる一時的なもので、遠からず値が戻るはず」なのか、「一時的な暴落ではなく、本当の暴落の始まり」なのかを冷静に見極める必要があります。

 

本稿が戒めているのは「狼狽売り」であって、慎重に見極めて後者だと判断した場合に売り注文を出すのは当然のことです。

 

市場の雰囲気がなんとなく弱気になっているような場合は、戻る可能性が高いでしょうが、そうでない場合は戻らないかもしれません。たとえばバブルが崩壊しはじめたケースや、ファンダメンタルズが本格的に悪化しはじめたケース、個別株の場合には企業の経営になんらかの問題が生じたケースなどです。

 

投資初心者には、どちらのケースかの判断は難しいかもしれませんが、「人々のマインドの悪化なのか、事実として悪いことが起きているのか」というのがひとつの判断材料になると思いますので、まずは、なにかとても悪いことが起きているのか否かを見極めてみてはいかがでしょうか。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧