株式投資「初心者が狼狽売りした、そのとき」底値になるワケ

投資初心者には、株価が値下がりすると慌てて売却してしまう人が少なくありません。しかし、株価の暴落時に市場でどんなメカニズムが働いているのかを知れば、投げ売りを思いとどまることができるようになるかもしれません。ここでは、暴落が暴落を加速させるメカニズムのほか、積立投資は暴落があっても絶対投げ出してはならない理由等について、経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

株価が1、2割下がると、初心者は激しく動揺するが…

投資初心者は、株価が暴落すると、この世の終わりが来たような気がして保有株を投げ売りすることが少なくありません。

 

株価が1割や2割下がることは珍しくないので、長い間投資をしている人は免疫ができているのですが、初心者は免疫がないので動揺して狼狽売りをしてしまう、ということですね。

 

免疫がない投資初心者も、過去の長期間の株価のチャートを眺めながら、過去に株価が大きく下がったときの状況をイメージすると、少しは動揺が抑えられるかもしれません。加えて、暴落時に働くメカニズムを知れば、投げ売りを思いとどまることができるかもしれませんので、今回は暴落自体が暴落を加速させるメカニズムについて解説していきましょう。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)


株価は「美人投票」ですから(『日銀トップの堂々記者会見で「株爆上がり」が現実化したワケ』参照)、人々が値下がりすると思って売り注文を出せば値下がりします。

 

人々が高値警戒感を持っているときに悪いニュースが飛び込んでくると暴落幅が大きくなりやすいのですが、そうでなくても美人投票の世界では初心者が考えもしないような場面で株価が暴落することも珍しくありません。

 

一度株価が暴落すると、「値下がりしたから割安になった株を買おう」という動きも出ますが、「もっと値下がりしそうだから急いで売ろう」「もっと値下がりしそうだから、買い注文を出すのをしばらく待とう」という動きも出てきます。

 

それに加えて「売りたくない売り」が大量に出てくるところが問題なのです。ひとつは借金している投資家の売り、もうひとつは機関投資家の「損切り」の売りです。

 

借金をして株を買っている投資家は、株価暴落によって銀行が不安になって返済を要求してくるので、泣く泣く持ち株を売却することになります。本当は買い増したいタイミングなのに、悔しいでしょうね。

 

機関投資家の多くは、担当者に「損切り」というルールを課しています。「一定以上の損を出した担当者は持っている株を全部売って休暇を取って頭を冷やせ」というルールです。

 

頭に血が上った担当者が冷静さを欠いた判断で損を広げてしまうリスクを回避するため…などの理由があるのでしょうが、それによって売り注文が出てくるわけです。担当者も、本当は買い増したいタイミングなのに、悔しいでしょうね。

 

こうした売りが出てくると、株価が一層暴落するので、多くの投資初心者が「この世の終わりがくるかも」と不安になって狼狽売りをするでしょう。それが一層株価を押し下げるわけです。

 

このように、一度株価が暴落すると、さらなる暴落を招くような売り注文が大量に出てくるメカニズムが働きます。

 

それを知っている投機家は、先回りして株を「空売り」しておきます。これも株の売り注文として株価の暴落を加速する要因となります。

 

ちなみに空売りというのは、株券を借りてきて、それを売ってしまい、値下がりした時に株を買い戻して株券を返却する行為です。「先物の売り」など、似たような取引手法はプロの間で色々あるようですが、本質は同じです。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧