恐ろしい…緊急会議で社員を困惑させた、社長のありえない一言

中山てつや氏は著書『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』のなかで、職場における諸問題について語っています。本記事では、中山氏のキャリアコンサルティングとしての実務経験をもとに、日本の企業における問題点を考察していきます。今回は、会社の「急な方針転換」とどう向き合うべきか、見ていきます。

「スケジュール通りに進んでいる?何で止めないんだ」

次に、「方針転換のレベル」を軽く超えた事例を紹介しましょう。日系企業のオーナー社長と、緊急会議で直接やり取りをした時のことです。

 

「それで、例の件はどうなった?」

「はい、あの件はスケジュール通り順調に進んでいて、もう間もなく、サンプルができあがってきます」

「何? スケジュール通りに進んでいるだと? 何で止めないんだ」

「え? 止めるんですか?」

「当たり前だろ! あんなもん、うまくいくわけがないだろう。それとも、成功するとでも思っているのか?!」

 

例の件とは、いくつか同時進行していたプロジェクトのひとつで、社長肝いりのプランでした。

 

しかし、指示を受けて、分析すればするほど、筋の悪いビジネスであることが判明し、ことあるごとに、その旨を報告したのですが、どうしても聞き入れてもらえません。

 

「何としても、成功する方法を考えろ!」という大号令のもと、皆で知恵を絞って、失敗した場合の処理方法まで準備しながら、ことを慎重に進めていました。

 

何としても、成功する方法を考えろ!(画像はイメージです/PIXTA)
何としても、成功する方法を考えろ!(画像はイメージです/PIXTA)

 

進捗状況に関しても、社長自ら頻繁に確認してくるので、都度報告することになります。順調に進んでいると聞くたびに満足されていたので、その日の会議で起きたことは、「青天の霹靂」としか言いようがありません。

 

「今すぐにやめるんだ! 今やめたら損失はいくらになる?」

 

コストを管理する役員から「約△億円です」との報告を受けると、

 

「よし、分かった。すぐに費用処理しろ。この件は、本日をもって終了とする!」

 

この時は、「驚き」とか「残念無念」といった感情よりも、むしろ「ほっとした」のが正直な感想です。間違いなく「失敗する」と分かっていながら、無理やり進めていたプロジェクトですから、関係者も皆同じ気持ちでした。

 

後日、この会議に同席していた幹部のひとりと話した際に、

 

「何であんな形で、突然やめることにしたんでしょうか?」

 

と聞いてみました。すると、その幹部は言いました。

 

「きっと、ギリギリのところで気づいたんだよ、失敗するってな。でも、自ら言い出したことが間違っていたなんて言えないだろ。だからああなったんだよ」

「なるほど、そういうことか」

 

オーナー社長としての立場と、本人の性格を考えると、自然にすっと入ってきたので、妙にすっきりした気分になったのを覚えています。と同時に、「朝令暮改」という概念を通り越して、「朝礼朝改」の域であると確信しました。

 

なお、この経験は、後に外資系企業で仕事をすることになった時、大いに役立つことになります。

 

 

*****************************

中山てつや

1956年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。日系製造メーカー及び外資系IT企業を経て、主にグローバル人材を対象としたキャリアコンサルティングの仕事に携わる。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?

なぜ職場では理不尽なことが起こるのか?

中山 てつや

幻冬舎ルネッサンス新社

キャリアコンサルタントの著者は、自身の体験をもとに、会社でうまく生きていくためには、上司の「好き・嫌い」に左右されず、癖を見抜き、方針の変換には柔軟に応じること、人事権は誰の手にあるか常に確認しておくことが鉄則…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧