いざという時にファイティングポーズを取れる50代になる方法 (※画像はイメージです/PIXTA)

50代はご自身の体調や周囲の環境の変化により、「実る人」「枯れる人」の分かれ目となる時期です。「実る人」は、50歳を過ぎても闘志を持っています。長年、人間教育に携わり、稀代のリーダーたちと交わってきた筆者がいざという時の心構えについて解説します。※本連載は松尾一也著『50代から実る人、枯れる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

終活シミュレーションという重要な仕事に取り組む

【50代から枯れる人=晩年、家族からのサポートを得られない

 

50代以降の人生をシミュレーションしてみることも大事な仕事のひとつです。

 

川柳に「昨日まで人のことだと思うたにワシが死ぬとはこりゃたまらん」とありますがまさにその通りなのかも知れません。

 

まだまだ現役で元気な今のうちに最低限の手配はしておくべきです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

まずはこの時代ならではの複雑なデータ管理の問題です。

 

私の場合、預金をネット銀行に一部預けていますので、残された家族が困らないように口座、パスワードなどを教えておく必要があります。

 

その他、保険や年金、貸金庫などの情報も今までは自分本位で差配していましたが、そろそろ残される家族の立場で考えるようにした方がいいですね。

 

次に万が一の時に望む医療スタイルを明確にして、家族や友人に伝えることも大事です。

 

どこの病院にお世話になりたいのか、どんな治療をどこまで希望するのか。

 

延命治療もどの程度までお願いするのか。

 

ピンピンコロリ祈願神社が多いように、人はできれば健康寿命が長く、楽しく遊んでいる時や夜寝ている時に、気がつけばあの世に旅立てれば幸せこの上ないのでしょう。しかし、ほとんどの先輩が闘病して去りゆく姿を見ている立場上シビアにならざるを得ません。

 

もうひとつ厄介な問題に墓のことがあります。

 

私のうちは一人娘なので、将来重荷にならないように配慮して、遠く二か所に分かれている墓をシンプルにする宿題が残っています。

 

今は葬儀、納骨もかなり多様化してきているのでこれまた自分の価値観に合った「かたち」を見つけておくことが重要な任務のひとつです。

 

やがて来る生老病死の現実を他人事と無視ばかりはしていられないのが50代のツライところです。

 

避けるよりも楽しんで取り組みたいものです。

 

松尾 一也
株式会社ルネッサンス・アイズ

 

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載人生100年時代で差がつく!50代からの人生マネジメント

50代から実る人、枯れる人

50代から実る人、枯れる人

松尾 一也

海竜社

50代というのは、仕事においても家庭においてもこれまでと違うことが噴出します。 責任ある大きな仕事を仕切る/子供の教育の総仕上げ/親の介護、看病、見送り…といったライフイベントが迫るかと思えば、一方では、別会社…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧