「私から、この子を取り上げないで」総武線沿線アパートの悲劇

コロナ感染拡大の影響により在宅時間が増える中、マンションやアパートではペットに関するトラブルが深刻化しています。※本記事では、OAG司法書士法人代表の太田垣章子氏の書籍『不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方』(ポプラ社)から一部を抜粋・編集し、事例を紹介していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

退去させるのか、させないのか…妹尾さんの決断は?

私に慣れたのか遠くから様子を窺っていたキジ猫は、隣に座る眞知子さんにぴったり寄り添うようにスリスリしています。眞知子さんは、愛おしそうにキジ猫の頭を撫でていました。きっと、コロナ騒ぎで外に出にくい時期も、ずっと寄り添ってきたのでしょう。眞知子さんの心の支えになっているなら、眞知子さんの認知症予防にもなるかもしれません。

 

この姿を見てしまった今、とてもじゃありませんが、キジ猫を手放してくださいだなんて私には言えませんでした。猫を大切そうに抱っこしながら、眞知子さんに「家主さんに交渉してみてください」と見送られました。

 

ペット不可の建物で、飼うことを許してしまうと、他の入居者にも広がってしまうリスクもあります。一方でペット可の物件にすると、ペットを飼える賃貸物件が少ないことから、入居者に長期にお住まいいただけるというメリットもあります。

 

眞知子さんの場合、ひとりで生活できる間は、きっと、この部屋で過ごしてくれることでしょう。お金の問題もありません。この新型コロナウイルスという未曾有の状況下、ひとりで力強く生きてこられた眞知子さんにとっては、保護猫がいなかったらとても辛いものになっていたはずです。

 

「仕方ないか。退去されてしまえば、駅から遠い古いアパート、新しい入居者の確保も難しいだろう。長年信頼のある眞知子さんだから、猫も迎え入れるか」

 

妹尾さんの決断は、家主としての収支計算もあったかもしれません。ただ長年お住まいいただいている眞知子さんに対し、このコロナ禍に心の支えができたことを応援したいという気持ちも込められていたと思います。

 

新型コロナウイルスは、生物ではなく、正体の分からぬウイルスです。その不気味な存在が人々の働き方を変え、さらにはさまざまなストレスを今なお与え続けています。そして安心できる住まいから、音やゴミ、さらにタバコの問題をあぶりだしました。

 

一方で新型コロナウイルスがきっかけで、自身の事業承継を具体的に考えだしたり、新しいビジネスの創出といった前向きな動きも出てきました。人との繫がり、心の支えもクローズアップされてきています。

 

絶対的な安心のある場所であるはずの「住まい」。新型コロナウイルスは今後、その「住まい」に対してもどのような影響を与えていくのでしょうか。

 

※本記事で紹介されている事例はすべて、個人が特定されないよう変更を加えており、名前は仮名となっています。

 

 

太田垣 章子

OAG司法書士法人代表 司法書士

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

OAG司法書士法人代表 司法書士
株式会社OAGライフサポート 代表取締役 

30歳で、専業主婦から乳飲み子を抱えて離婚。シングルマザーとして6年にわたる極貧生活を経て、働きながら司法書士試験に合格。
登記以外に家主側の訴訟代理人として、延べ2500件以上の家賃滞納者の明け渡し訴訟手続きを受託してきた賃貸トラブル解決のパイオニア的存在。
トラブル解決の際は、常に現場へ足を運び、訴訟と並行して賃借人に寄り添ってきた。決して力で解決しようとせず滞納者の人生の仕切り直しをサポートするなど、多くの家主の信頼を得るだけでなく滞納者からも慕われる異色の司法書士でもある。
また、12年間「全国賃貸住宅新聞」に連載を持ち、特に「司法書士太田垣章子のチンタイ事件簿」は7年以上にわたって人気のコラムとなった。現在は「健美家」で連載中。
2021年よりYahoo!ニュースのオーサーとして寄稿。さらに、年間60回以上、計700回以上にわたって、家主および不動産管理会社向けに「賃貸トラブル対策」に関する講演も行う。貧困に苦しむ人を含め弱者に対して向ける目は、限りなく優しい。著書に『2000人の大家さんを救った司法書士が教える 賃貸トラブルを防ぐ・解決する安心ガイド』(日本実業出版社)、『家賃滞納という貧困』『老後に住める家がない!』(どちらもポプラ新書)がある。

著者紹介

連載「不動産大異変」恐ろしすぎる家のトラブル

不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

不動産大異変:「在宅時代」の住まいと生き方

太田垣 章子

ポプラ社

著者は、20年にわたり2500件以上の不動産トラブルを扱ってきた異色の司法書士。 業界紙・業界誌などでの連載や「家賃滞納という貧困」「老後に住める家がない!」などの著作を通じて(ともにポプラ新書)、業界では知らない人…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧