株初心者は要注意!勤務先の株購入と「無一文リスク」の関係性

投資初心者が「まずは自分の勤め先の株を買ってみた」というのはよく聞く話です。しかし、その行為は、投資の基本である「分散」という観点から大きく逸脱しているということにお気づきでしょうか。いいアイデアだと思える投資行動にも、意外な落とし穴が潜んでいることがあります。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「まずは自社株を」との発想は、必然かもしれないが…

初めて株を買う初心者にとって、いちばん会社の内容がわかっているのは自分の勤め先ではないでしょうか。きっと自分の会社に対して愛着を持つ社員も多いですから、「まずは自社株を買う」という選択肢が思いつくのは自然なことかもしれません。

 

しかし、それはリスクです。会社が発展すれば、給料もボーナスも増え、持株も値上がりするでしょうが、会社が衰退すれば、給料もボーナスを減ったうえに持ち株も値下がりしてしまいます。最悪の場合、勤務先が倒産すれば退職金も受け取れず、無一文になってしまう可能性だって否定できません。

 

場合によっては「インサイダー取引」のリスクもあるかもしれません。インサイダー情報を持った社員が自社株を売買すれば、それは法律違反です。インサイダー情報を持っていなくても疑われるだけ面倒ですし、なにかの拍子にインサイダー情報が耳に入ってしまえば「持っている自社株を売りたくても売れない」といったことにもなりかねません。

 

ただし、持株会等の制度がある場合なら、条件によっては検討してもいいかもしれません。社員としては会社への忠誠心が示せますし、会社から補助金が受け取れる場合も多いようですから、自社株買いのプログラムに参加する社員も多いのではないでしょうか。毎月一定額を積み立てるといった条件の下であれば、インサイダー取引の疑いがかからないというメリットもあり得るでしょう。

 

しかし、よほど補助金が大きい場合等はともかく、一般論として、自社株買いは避けておきたいところです。小遣いで賭けごとを楽しむのであれば話は別ですが、大事な資産について考える際には、大儲けを狙うより「酷い目に遭わない」ことを重視するべきであり、自社株買いはまさに「大儲けか大損かの賭け」に該当するからです。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

勤務先が急成長中で、株式未上場なら大化けするかも?

もっとも、勤務先が急成長中の企業で、株式が未上場である場合には、賭けてみる価値があるかもしれません。上場株は市場で取引されるので、概ね妥当な価格でしか取得できませんが、未上場株であれば格安な価格で取得できるかもしれず、しかも成長企業であれば将来的に上場して株価が大化けするかもしれないからです。

 

未上場の成長企業ということは、競争の激しい分野で闘っている可能性も大きいでしょう。個別には色々な事情があるでしょうが、一般論としては勤務先が倒産する可能性は上場企業より大きいかもしれません。

 

したがって、相当なハイリスク・ハイリターンであることを十分認識したうえでの判断が必要となるでしょう。たとえば少額の自社株買いをして、万が一大化けする可能性に賭けるという選択肢はあるでしょうし、夫婦が共働きで、いざというときには配偶者に養ってもらえるといった場合には、本格的な投資も検討してみる価値があるかもしれません。

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧