「お前に関係ないだろう!」財産を隠す老親にどう対処するか

高齢の親が資産状況を教えてくれず、万一のときが不安で仕方ない…。そのような悩みを持つ子世代は少なくありません。相続対策は、被相続人にその意思があってこそ万全の効果を得られるもので、いくら子どもが対処しようとしても限界があるのです。かたくなな親を前に、一体どうしたらいいのでしょうか。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

「相続対策は親のためでもある」と、理解を促して

そこで筆者は、これを機に松本さんに父親を説得してみてはどうかとアドバイスしました。老後のサポートのためにも、いまから生前対策を行うことで相続税も節税でき、父親の将来の財産も管理しやすくなるという旨を伝えるよう、松本さんにお話ししました。

 

 

「たしかに、父の老後のサポートをするためということで話を切り出せば、受け止め方も違うかもしれませんね。現状のままでは数百万円単位の相続税がかかってくるかもしれないと伝えれば、父の考えも変わるかも…」

 

松本さんはそういってうなずきました。

 

その後、松本さんは妹さんと一緒に父親の病院を訪れ、穏やかに話を切り出したそうです。父親の通帳などを勝手に見たことを詫びつつ、このままだと数百万円単位で相続税が発生してしまうこと、いまからなら対策の手段があることなどを話したところ、これまでのように怒りを爆発させることなく、黙って話を聞いてくれたそうです。

 

「父も体が弱ったことを実感しているようで、態度が柔らかくなってきました。私たちのことも、少しは頼りにしてくれているようです。父にはこれからもずっと不安なく生活してほしいし、これまで父が頑張って築いてきた資産も守りたいのだと率直に話すと、気持ちをわかってくれたように思います」

 

具体的な行動はまだこれからですが、幸い、松本さんの父親は足腰以外はしっかりしています。松本さんは、父親と腹を割って話し合いながら、家族みんなで納得のいく対策を立てていきたいと語ってくれました。

 

相続税の生前対策には、本人の意思確認が不可欠です。財産をなかなか明らかにしたがらない親には、本人の意思や気持ちを聞くことで安心してもらい、親を中心に老後のサポートをする気持ちを伝えるようにしましょう。相続対策はなにも子どものためだけではなく、親自身のためでもあるのです。

 

相続税がかかる場合は、具体的な額を伝えることで親に危機感を持たせることも有効な手段です。親への配慮を伝えることで、親子の距離を縮め信頼関係を再構築してもらうことで、道が開けます。

 

 

曽根 惠子

株式会社夢相続代表取締役

公認不動産コンサルティングマスター

相続対策専門士

 

◆相続対策専門士とは?◆

公益財団法人 不動産流通推進センター(旧 不動産流通近代化センター、retpc.jp) 認定資格。国土交通大臣の登録を受け、不動産コンサルティングを円滑に行うために必要な知識及び技能に関する試験に合格し、宅建取引士・不動産鑑定士・一級建築士の資格を有する者が「公認 不動産コンサルティングマスター」と認定され、そのなかから相続に関する専門コースを修了したものが「相続対策専門士」として認定されます。相続対策専門士は、顧客のニーズを把握し、ワンストップで解決に導くための提案を行います。なお、資格は1年ごとの更新制で、業務を通じて更新要件を満たす必要があります。

 

「相続対策専門士」は問題解決の窓口となり、弁護士、税理士の業務につなげていく役割であり、業法に抵触する職務を担当することはありません。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社夢相続代表取締役 公認不動産コンサルティングマスター 
相続対策専門士

京都府立大学女子短期大学卒。PHP研究所勤務後、1987年に不動産コンサルティング会社を創業。土地活用提案、賃貸管理業務を行う中で相続対策事業を開始。2001年に相続対策の専門会社として夢相続を分社。相続実務士の創始者として1万4400件の相続相談に対処。弁護士、税理士、司法書士、不動産鑑定士など相続に関わる専門家と提携し、感情面、経済面、収益面に配慮した「オーダーメード相続」を提案、サポートしている。

著書61冊累計53万部、TV・ラジオ出演125回、新聞・雑誌掲載699回、セミナー登壇567回を数える。著書に、『図解でわかる 相続発生後でも間に合う完全節税マニュアル 改訂新版』(幻冬舎メディアコンサルティング)、『図解90分でわかる!相続実務士が解決!財産を減らさない相続対策』(クロスメディア・パブリッシング)、『図解 身内が亡くなった後の手続きがすべてわかる本 2021年版 (別冊ESSE) 』(扶桑社)など多数。

◆相続対策専門士とは?◆

公益財団法人 不動産流通推進センター(旧 不動産流通近代化センター、retpc.jp) 認定資格。国土交通大臣の登録を受け、不動産コンサルティングを円滑に行うために必要な知識及び技能に関する試験に合格し、宅建取引士・不動産鑑定士・一級建築士の資格を有する者が「公認 不動産コンサルティングマスター」と認定され、そのなかから相続に関する専門コースを修了したものが「相続対策専門士」として認定されます。相続対策専門士は、顧客のニーズを把握し、ワンストップで解決に導くための提案を行います。なお、資格は1年ごとの更新制で、業務を通じて更新要件を満たす必要があります。

「相続対策専門士」は問題解決の窓口となり、弁護士、税理士の業務につなげていく役割であり、業法に抵触する職務を担当することはありません。

著者紹介

連載相続実務士発!みんなが悩んでいる「相続問題」の実例

本記事は、株式会社夢相続が運営80代するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧