年齢別「年金受給額」…80代が「一番多くもらっている」現実

「下流老人」「老後破産」…なんとも辛い言葉が多くなった昨今。老後に必要なお金、貯められていますか?

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

年齢によって「年金受給額」に大きな差が開く

国税庁『令和元年分 民間給与実態統計調査』によると、1年を通じて勤務した給与所得者の平均給与は「年収436万円」。ボーナスなどを含めない場合、年収436万円だと毎月の給与は36万円、手取りは28万円ほどになります。子どもを抱える世帯などには貯蓄が難しいことは容易にうかがえる金額です。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

老後は年金暮らしで…と考えたいところですが、厚生労働省『令和元年 厚生年金保険・国民年金事業の概況』によると、厚生年金保険(第1号)受給者は3530万人で、受給者平均年金は月額約14万4268円(男性16万4770円・女性10万3159円)。「年金+α」での生活が求められていることは間違いないといえましょう。

 

今後もさらなる先細りが懸念される年金ですが、今現在の受給者は月額でいくらほどもらっているのでしょうか。厚生労働省『令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』を見ていきます。

 

同調査では「年齢別老齢年金受給権者数及び平均年金月額」を調査しています。厚生年金については、受給権者数は全国に1600万人。平均年金月額は14万4268円です。下記が年齢別の平均年金月額になります。

 

【60代】

60歳・・・9万1304円

61歳・・・5万8881円

62歳・・・6万1048円

63歳・・・7万8886円

64歳・・・8万1279円

65歳・・・14万4064円

66歳・・・14万4333円

67歳・・・14万3081円

68歳・・・14万1098円

69歳・・・14万2764円

 

【70代】

70歳・・・14万7292円

71歳・・・14万6568円

72歳・・・14万5757円

73歳・・・14万5367円

74歳・・・14万7330円

75歳・・・14万7957円

76歳・・・14万9693円

77歳・・・15万1924円

78歳・・・15万4127円

79歳・・・15万6714円

 

【80代】

80歳・・・15万8309円

81歳・・・16万73円

82歳・・・16万622円

83歳・・・16万1675円

84歳・・・16万2760円

85歳・・・16万2964円

86歳・・・16万2221円

87歳・・・16万3007円

88歳・・・16万4010円

89歳・・・16万6406円

 

なお、厚生年金の受給額のボリュームゾーンは「9~10万円」で約112万人。次いで「10~11万円」が110万人、「11~12万円」「17~18万円」がそれぞれ約100万人と続きます。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!