株式投資初心者にも勝算アリ「プロがスルーする領域」とは?

初心者が株式投資をスタートさせるには「銘柄選び」という第一関門が立ちはだかります。プロと同じ土俵で勝負するのは並大抵ではありませんが、それでも、まったく勝ち目がないというわけではありません。株式市場には、プロが手を出しにくい領域が存在するのです。経済評論家の塚崎公義氏が、初心者向けに解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

株の銘柄選びは、プロにとっても大変な作業

株式投資をはじめたばかりの初心者にとって難しいことのひとつは、銘柄を選ぶことでしょう。多くの銘柄が上場されていて、どれを買ったらいいのかわからないから投資に踏み切れない、という人も多いかもしれません。

 

銘柄を選ぶことは、初心者でなくても大変な作業です。企業の財務諸表はもちろん、技術力や将来性等々についても考慮しなくてはなりませんから。さらに問題なのは、頑張って銘柄を選んでも正解とは限らない、ということです。

 

株式市場にはプロもアマも参加しているので、銘柄選びにおいても、アマがプロと真っ向から対決しなければならない世界です。財務諸表を分析したり技術力について調べたりしても、そんなことはとっくにプロがやっていて、すでに株価に織り込まれてしまっているに違いありません。

 

じつは、プロにとっても銘柄選びは簡単なことではありません。ほかのプロとの真剣勝負だからです。プロが銘柄を選ぶ「アクティブ投信」の運用成績がそれほど芳しくないという事実が、銘柄選びの難しさを如実に物語っているわけですね。

 

そこで、前回の拙稿『株式投資、プロたちの戦場に「一般人も参戦する」いい方法』では、初心者は投資信託の購入がお勧めだ、と記しました。銘柄を選ぶ必要がなく、しかも少ない投資額で多くの銘柄への分散投資ができるからです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

個別株で勝負するなら、プロが見ていない「小型株」

しかし、初心者が個別株投資でプロに勝つ方法がないわけではありません。どうしても自分で銘柄を選んで勝負したい、という場合には、小型株のなかから投資先を選べばいいのです。

 

平均株価や大型株についてはプロたちが真剣に取り組んでいますから、真っ向から勝負しても勝てそうにありませんが、小型株の多くはプロたちが注目していないのです。

 

小型株は取引量が小さいので、プロが少し大きな注文を買い出すとそれによって株価が大幅に上昇してしまい、高い値段でしか買えない、売り注文を出すとそれによって株価が大幅に下落してしまい、安い値段でしか売れない、といったことが起きかねないからです。

 

それを避けるためには、小型株に小規模の注文を出すという作業が必要になりますが、小規模の注文のために銘柄について真剣に調べるのではコストに合いません。

 

大型株に多額の資金を注ぎ込むのであれば、時間をかけて銘柄について調べるインセンティブがありますが、小型株についてはプロが真剣に調べるインセンティブを持たないのです。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧