ヘッジファンドは「茨城空港」に1日張り込んで何を見たのか?

ヘッジファンドに関心はあるけれども、情報が少なく、二の足を踏んでいる人も多いでしょう。そこでヘッジファンドマネージャーの話から、ヘッジファンドの実態を明らかにしていきます。前回に続いて話を伺うのは、国内独立系ヘッジファンドのオリオール・アセット・マネジメント株式会社に所属する小野塚二也氏。投資する企業をリサーチする際にどこに着目しているのかを、事例を交えてお伝えします。

数字を見るより、実際にサービスを利用して肌で感じる

投資しようと思っている企業のサービスを利用してみることが大切
「投資しようと思っている企業のサービスを利用してみることが大切」だと言う。

 

――多くのアナリストは「会社のIR」や「業績」の数字を指標に投資先を選定しているようですが、御社の場合は、実際に体験してみることを大切にしているということでしょうか?

 

その通りです。私たちは実際に投資対象となる企業の経営サイドの質が最も重要だと感じていますが、それだけでなく、同業他社などの周辺企業、ユーザーの使い勝手などを見聞きして、「その企業の新たなビジネスモデルに継続性があるかどうか」を重視しています。

 

もちろん投資ですので、一過性の収益や数字の増減はありますが、単にIR担当者など経営側の話を聞くだけでなく、実際に自分の肌で感じて継続的な需要があるかどうかで判断しています。

 

先ほどの航空会社はほんの一例ですが、「百聞は一見にしかず」という言葉もあるように、高いパフォーマンスを狙うのであれば、机上ではわからない部分も徹底してリサーチする必要があると考えています。

 

他にも、ゲーム会社を選定するときに、当社のアナリストが毎日スマホゲームと向き合っていたこともありましたよ(笑)

 

実際に私たちが一利用者となって感じたメリットやデメリットは、収益にも直結する結果となりますので、ロング(買いのポジション)またはショート(売りのポジション)を見極める1つの大きな材料となっています。

「想定外」のことが起こっても対応できるようにする

――アクティブなリサーチが得意ということですが、「これはいける!」と思ったにもかかわらず、予想外の方向に転んでしまった……というような経験はありますか?

 

少し前の話ですが、インターネットを使った販売サイトを運営している企業に目をつけたことがあります。ECは今後も右肩上がりで伸びていくビジネスモデルであり、対面販売などを重視する企業との格差は直線的に広がっていくものと予想していました。

 

そして、どんどん伸びていく業界だと感じたタイミングで「アベノミクス効果」で中国人観光客が急激に増加し、百貨店や量販店で「爆買い」が起こり、実店舗とネット販売の差が一時的に急激に縮小しました。

 

購買意欲を持った中国人がまさかこんなに来日するとは思っていなく、想定外のことが起きました。相場で一番厄介なのは、この「想定外」という言葉です。

 

今でこそ、コロナ禍においてECビジネスは主流になってきており、長い目で見た場合の投資判断は間違っていなくても、私たちはお客様の資産をお預かりしている以上、塩漬け(含み損のまま放置すること)にすることはできません。

 

そのため、一時的な特需にも対応できるように、「企業の業績」や「継続的なビジネスモデル」だけでなく、「国の政策」などの周りの環境もよく見据えて、日々取り組んでいます。

 

>>【第1回】のインタビュー記事を読む

 

 

【ヘッジファンドセミナーを随時開催】
表舞台に滅多に出ないヘッジファンドマネージャーの話が聞ける数少ないチャンス!
>>>募集中の無料セミナーを見る

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【12/1開催】希少な"FIT型案件”を限定公開「太陽光発電」投資の最新事情

 

【12/1開催】「立ち退き、賃料増額調停」のトラブル事例と対応のコツ<弁護士が解説>

 

【12/2開催】税務メリットとキャピタルゲインが狙える!小型航空機・ヘリ投資とは?

 

【12/2開催】プロでも間違えやすいグループ再編成を活用した事業承継のルールとは?

 

【12/2開催】2022年4月、東証の「市場再編」中小型株に生まれる投資機会とは?

 

【12/7開催】市場の変動に左右されず安定した収益を獲得するための 「ヘッジファンド」戦略

 

【12/8開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【12/11開催】償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力<幻冬舎会場・限定版>

オリオール・アセット・マネジメント株式会社
取締役
ヘッジファンドマネージャー 

日系証券会社の株式部株式先物課で、主に先物のプロップトレード、対顧客トレーダー、セールストレーダーを経験。2000年より三和証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)の立ち上げに参加。トレーディングチームヘッドを務める。2006年よりピクテ投信投資顧問でトレーディング部長、シニアファンドマネージャーを歴任後、2019年より現職。保有資格は、国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト、計量経済学修士。

著者紹介

幻冬舎アセットマネジメント IFA事業室 室長

1984年、日興証券(現SMBC日興証券)入社。個人富裕層向けの資産運用アドバイス、外資系金融機関への機関投資家営業ののち、投資開発部、ファンドマーケティング部でデリバティブ商品、投資信託業務に従事。
2001年からは三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガンスタンレー証券)で商品開発本部に所属し、銀証連携により企業オーナー、個人富裕層に対しての商品企画、販売プロモーションを経験。
2011年、バークレイズ・ウェルス・サービシズに移り、日系メガバンクとのプライベートバンキング事業立ち上げに参加。プライベートバンカーとして、資産5億円以上の富裕層顧客に資産のコンサルティング業務を行う。
2017年1月から現職。これまでの経験を生かし、金融機関とは一線を画し、企業オーナー、富裕層の財産を守る為に、公正、中立な情報の提供を心がけている。

著者紹介

連載ヘッジファンドマネージャーの投資哲学

インタビュアー/冨中 則文(幻冬舎アセットマネジメント)

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!