「お金を積んで頼めば…」医学部受験生の両親が払う衝撃の金額

医学部受験専門予備校では、いろんなウラ話があります。推薦入試の問題を知っている生徒や、伝手がある講師など、医学部専門予備校・TMPS医学館代表取締役の長澤潔志氏が医学部受験に潜む闇について解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「私の伝手で二次は何とでもしますから」という講師

・一般入試では、お金で合格が買えるなんてあり得ない

 

こんなエピソードがあります。当校に通っていたある有名人の甥の話ですが、その叔父さんがやって来て、いきなり、「長澤さん、一次を通れば二次はお金が動くということは知っています。その一次を何とかならないですかね? お金だったら、何とでもしますから」と言うのです。

 

1年で何とかなるかならないかという話を通り越して、お金で成績が買えるといまだに思っている人もいるのです。それはなぜかというと、詐欺師まがいに安請け合いをする輩(やから)がいまだに横行しているからです。

 

実は昔、いろいろな医学部専門予備校で講師をしていたころ、ある医学部予備校の校長が、「どこの大学の医学部でもいいから、一次試験を通った生徒(の親)をどんどん紹介してください。私の伝手で二次は何とでもしますから」と言われたことがあります。

 

思わず、「そんなことができるのですか?」と聞き返しましたが、「できる」と言い切ります。「ただもちろん、お金はかかります。5000万から1億を超す場合もある」と平気で言うのです。「1億だったら、3000万はキックバックする」とも言っていました。

 

これはれっきとした詐欺です。あとで調べたら、やはりそのご仁は一度、詐欺罪で逮捕されていました。それでも懲りずにまだやっていたのです。ちなみにそのご仁、まだある医学部専門予備校の校長です。そうした話に引っ掛かりそうな親も少なくありません。

 

「先生、実は私はロータリークラブである人から紹介されて、この人にお金を積んで頼めば大丈夫と言われたのですが、この人をご存じですか?」と聞いてくる生徒の親も何人かいました。

 

そんな場合は、はっきりとその親に「やめなさい」と注意します。こうした話は、卵が先か鶏が先かという話と同じです。お金で何とかできるはずだと思い込んでいる親がいるから、詐欺師も生まれる。詐欺師がいるから、まだそんなことを信じてしまう親がいなくならないという構図です。

 

では、実際にお金が動いて何とかなるなどということがあるのでしょうか。本当のことは私にも分かりません。ただ、過去はともかく、医学部でなおかつ一般入試の場合は、最近ではそうしたことはほぼないと思っています。そんな話も今は入ってきません。「あの子が合格できたというのはおかしい」といった番狂わせも聞きません。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

医学部専門予備校・TMPS医学館代表取締役 

神奈川県出身。日本大学大学院修士修了。東京農工大学大学院博士課程を中退後、国立感染症研究所にて緑膿菌(病原菌)の研究に従事。
アメリカン・ソサエティ・オブ・マイクロバイオロジーなどに研究論文を次々と発表する。その後、大学・専門学校・予備校などで教鞭を執り、教師歴は30年以上。
現在、医学部専門予備校・TMPS医学館代表取締役として、その独特な教育法をもって、医学界に優秀な人材を送り込んでいる。
主な著書に『偏差値40からの医学部合格術』、『医学部一発合格! 直前1カ月集中勉強法』(幻冬舎メディアコンサルティング)、『病態栄養学双書』(共著/第一出版)などがある。

著者紹介

連載医学部受験の闇とカネ

本連載は、『医学部受験の闇とカネ』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。なお本記事で紹介している内容は、著者の体験をもとに執筆しております。万一、本連載の記載内容により不測の事故等が生じた場合、著者、出版社はその責を負いかねますことをご了承ください。

医学部受験の闇とカネ

医学部受験の闇とカネ

長澤 潔志

幻冬舎メディアコンサルティング

講師歴30年の医学部専門予備校代表の長澤潔志氏が、実体験をもとに、合格率を偽って、「授業料を挙げる予備校」、「コネとカネがなければ合格できない推薦枠を設ける大学」、「指導力不足で受験生を浪人に導く高校」など、さま…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!