年金「月21万円」60代夫婦…「年金足りず」老後資金が枯渇

「人生100年時代」といわれています。定年後の避けては通れない課題は「お金」で、3000万円不足するなどといわれていますが、実際のところはピンとこない人も多いことでしょう。この大問題をどう解決すればいいのでしょうか。この「リスク」をうまくクリアできれば、第二の人生をバラ色にすることがきるはず…。本連載は長尾義弘著『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【オンライン開催(LIVE配信)】6/25開催
空き家再生×最低家賃で「利回り20%」を実現!
「ダイヤモンド空き家投資」最強の不動産投資ノウハウ
詳しくはこちら>>>

老後資金を試算する場合は「平均余命」で考える

ということは、1000万円程度の老後資金があれば、なんとか暮らしは維持できると思います。しかし、ゆとりある生活を送ろうと思えば、かなりの老後資金が必要になります。

 

みなさんが実際にどのくらいの年金を受け取るかは、日本年金機構から送られてくる「ねんきん定期便」やインターネットで確認できます。

 

もうひとつデータを紹介しましょう。下の図は総務省の「家計調査」(2016年)の高齢夫婦無職世帯の家計収支です。

 

毎月の実収入は21万2835円で、約5万5000円の赤字が出ています。この不足分は貯蓄を取りくずして充てているわけです。30年間の赤字は1980万円になります。

 

こういった根拠から、老後資金はおよそ2000万~3000万円が必要だといわれているのです。

 

 

平均寿命ではなく「平均余命」で考えよう

 

老後資金を試算する際、本連載では100歳を目安にしました。

 

2018年、男性の平均寿命は81.09歳、女性は87.26歳です。ただし、平均寿命は赤ん坊からお年寄りまで全年齢を対象とした平均値のことです。60歳の人がこれからの老後生活を考えるなら、「平均余命」を参考にしなければなりません。平均余命とは、これから先、何年生きるのかという目安です。


 
60歳男性の平均余命は23.72年、女性は28.97年となっています。平均ということは、半数の人はそれを上回る年齢まで生きているわけです。

 

そして、60歳の男性が90歳まで生きる確率は23.5%、100歳までは1.4%になります。女性の確率はもっと高く、90歳までが48.4%、100歳までは6.7%です。女性は約半数が90歳まで生きています。

 

かつて「きんさん・ぎんさん」という100歳以上の長寿の双子姉妹が話題になりましたが、今日では100歳という人など、あまり珍しくありません。1980年では100歳以上の高齢者が1000人以下(968人)だったのに対し、2012年には50倍の5万人を超えています。

 

1980年当時、男性の平均寿命は73歳、女性が79歳でした。それに比べると、男女ともに8歳も延びています。

 

今後、医学の発展によりますます長寿化は進んでいくと思われます。現在60歳の方が80歳になるころは、さらに平均寿命が延び、100歳まで生きることが当たり前になっているかもしれません。

 

 

 

 

長尾 義弘
ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

 

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】資産家ドクターを目指す「不動産投資」講座

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。

著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:http://neo.my.coocan.jp/nagao/

著者紹介

連載「老後資金がありません」あなたの将来をバラ色に変える方法

老後資金は貯めるな!

老後資金は貯めるな!

長尾 義弘

河出書房新社

「老後資金、1億円は必要?」「年金はあてにできない!」などと、老後資金について、誤解をしている人は多いようです。 老後資金を「これだけ貯めた!」は重要ではありません。「人生100年時代」に肝心なのは、「お金が毎月い…

定年の教科書 お金 健康 生きがい

定年の教科書 お金 健康 生きがい

長尾 義弘 福岡 武彦

河出書房新社

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧