「公務員給与」調査…政府モデル公表「月給40万円」の衝撃度

令和2年10月発表の人事院『国家公務員給与の実態~令和2年国家公務員給与等実態調査の結果概要~』より、公務員の給与事情について見ていきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「中央省庁勤め」平均年齢40歳、平均給与45万円

国家公務員はまず「一般職」と「特別職」に分かれます。特別職は大臣や副大臣、裁判官、国会職員、防衛省職員などを指します。一般職は給与法適用職員、検察官、行政執行法人職員の3種に分類されます。

 

日本を支える国家公務員のお給料事情。さっそく見ていきましょう。

 

令和2年10月発表の人事院『国家公務員給与の実態』によると、全俸給表の適用人員は253,132人で、平均年齢は42.9歳となっています。「俸給」とは、民間企業の基本給にあたるもの。人事院に定められた俸給表によって決定されます。諸手当がついたものが「給与」です。

 

全俸給表適用人員の平均給与を高い順に見ていくと、事務次官、本府省局長、審議官等「102万4,815円」で、医師、歯科医師等 「84万6,285円」、政策情報分析官等「59万9,831円」、研究員「55万9,111円」、航空管制官、特許庁の審査官等「44万6,847円」、一般行政職員等「40万8,868円」と続きます[図表1]。

 

[図表1]人事院『国家公務員給与の実態』令和2年10月

 

一般行政職とは、俗にいう「お役所仕事」の人です。その人数は約14万人で、全体の55.3%と過半数超え。平均年齢43歳。行政職俸給表(一)に基づき、給与が支給されます。

 

一般行政職の組織区分別の平均給与月額、平均年齢ををさらに詳しく見ていくと、本府省(いわゆる中央省庁)勤めの人の平均年齢は40.6歳、平均給与は「45万697円」。人数は3万7,000人ほど。そのほか、地方整備局などの管区機関に勤めている人の給与は「41万3,542円」、地方法務局や都道府県労働局などの府県単位機関に勤めている人の給与は「39万3,477円」と続きます。

 

厚生労働省『令和元年賃金構造基本統計調査の概況』によると、民間企業に勤める40代前半の平均給与(所定内給与額)は男性「36万円100円」、女性「26万8,600円」。平均値ではやはり公務員の給与に軍配が上がります。

 

国家公務員のなかで一般行政職に次ぎ人数が多いのは、税務署職員。意外に思われるかもしれませんが、税務署職員は約5万人、全体の20.3%となっています。平均年齢42.8歳。平均給与額「43万5,038円」。給与額が一般行政職員のそれを上回ります。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧