老後資金2000万円は「外国株式インデックスファンド」で作る!大学教授がシミュレーション

老後資金を貯めようと思っても、「投資は難しそう」「何から始めたらいいかわからない」という人は多いでしょう。今回は、上地教授と中村さんの会話から、「外国株式インデックスファンド」で無理なく老後資金2000万円を作る方法を見ていきます。※本連載は、上地明徳氏の著書『老後の資金 10年で2倍にできるって本当ですか?』(青春出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

「外国株式インデックスファンド」で積み立てた場合

さて、老後のお金はあればあるほどいいに決まっていますが、やはり2000万円作るところからスタートすることにしましょう。

 

──はい。上地さんは2000万円でもギリギリの生活とおっしゃいましたが、正直なところ、2000万円を作ることすらリアルに感じられません。

 

では中村さん。投資信託での「長期・分散・積立」投資の方法で2000万円を作るプランを立ててみましょう。たしかに、預金しているだけでは、2000万円を作るのは難しいです。

 

仮に金利のつかないタンス預金で30歳から始めて65歳までに2000万円を貯めようとすると、毎月「4万7619円」の積立額が必要です。

 

──毎月5万円近く貯金するということですよね。何十年も継続するのは難しそうです。

 

でも、外国株式インデックスを主にした分散積立投資なら、決して難しいことではないんです。あくまでも過去の実績であることはお断りしておきますが、年率7.6%(外国株式インデックスの実績)で計算すると、毎月の積立額は「9613円」ですみました。

 

[図表1]のグラフを見てください。

 

[図表1]外国株式インデックスで35年間、月1万円積立投資をした場合

 

35年前の1984年から外国株式インデックスで毎月「1万円」の積立投資をしていたシミュレーションです。33年後の2017年に2000万円を達成できています。投資金額の合計は420万円です。

 

──タンス預金だと月5万円の積み立てが必要だったのが、積立投資だと1万円足らずの積立金額で2000万円作ることができたということですか?

 

そういうことです。あくまでも過去の結果ではありますが。40歳で始めたケースでもシミュレーションしてみましょう。

 

40歳から65歳までの25年間で2000万円貯めようとすると、金利のつかないタンス預金では毎月「6万6667円」の積立額が必要です。しかし年率「7.6%」の外国株式インデックスであれば、毎月の積立額は「2万2435円」です。

 

──毎月6万円と2万円では、負担の大きさがまったく違いますね。

 

50歳から始めた場合も見てみましょう。さすがに15年では短いので、69歳まで20年間積み立てるとしましょう。1998年末からの実績で、20年で2000万円を作るには、毎月の積立金額は4万円とちょっと気合を入れなければなりません(【図表2】)。

 

[図表2]外国株式インデックスで20年間、月4万円積み立てた場合

 

──でも、50歳の時点で貯金がまったくなくても、50歳からがんばって毎月4万円の積立投資で70歳までに2000万円の老後資金を作れるという勇気を与えてくれるデータですね。

 

やはり、中村さんのように30歳くらいから始めるのが理想的ですね。しかし残念ながら、大多数の若い世代の人は、「老後のために」といっても、あまり響かないのが実際のところです。僕だって、老後を意識するようになったのは50歳を超えてからでしたから。でも、今の時代だからこそ、若い世代の方にも意識改革してほしいと思っています。

 

──今のタイミングで、この事実に気づけた私って、かなりラッキーですね!

 

『老後の資金 10年で2倍にできるって本当ですか?』
『老後の資金 10年で2倍にできるって本当ですか?』

 

上地 明徳

信州大学経営大学院 特任教授

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

信州大学経営大学院 特任教授

1958年東京生まれ。オンライン金融ビジネススクール「上地ゼミ」主催者、一般向けには同じくオンラインで学べる「アール宅配便」を通じて長期国際分散投資の啓蒙活動を行う。

また、信州大学経営大学院特任教授としてファイナンス科目を担当。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了、米国モルガン・スタンレー証券にトレーダーとして入社。1998年、日本初の投資信託専門証券会社の設立に参画、同社にて専務取締役。その後、米国大手資産運用会社にてアドバイザーを歴任。著書・論文多数。

2014年、大阪銀行協会より論文『銀行の投資信託販売と投資家の行動バイアス』で優秀賞を受賞。2016年、『年金民営化の経済分析』で特別賞受賞

著者紹介

連載大学教授が教える!誰でも無理なく「老後資金」を貯める方法

※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

老後の資金 10年で2倍にできるって本当ですか?

老後の資金 10年で2倍にできるって本当ですか?

上地 明徳

青春出版社

貯金ゼロでも、経済知識ゼロでも、投資経験ゼロでも大丈夫! 将来のためのお金・老後資金を誰でも無理なく2倍にできる「ほったらかし積立」投資術を、どこよりもわかりやすく紹介。 この投資法なら、たとえこの先リーマンシ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧