東大・京大に合格させた母が「子をお風呂にいれなかった」ワケ

長男は東京大学に現役合格、次男は京都大学に現役合格、長女はロンドン大学UCLに現役合格……母学アカデミー代表の河村京子氏は書籍『東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる』(実務教育出版)のなかで「ご飯やお風呂よりも決まった時間に寝て、決まった時間に起きることの方が大切である」と説いています。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「毎朝5時半に起きる」早起きは一生の宝習慣

ここまでは、「早寝」について取りあげました。「早寝早起き」と言われるように、「早寝」と「早起き」はセットです。この二つが揃ってこそ、規則正しい生活習慣が身につくのです。

 

よく「子どもは寝たいときに寝て、起きたいときに起きるのが一番いい」と言われます。確かにそのほうが自然な感じもします。しかし、人は文明のなかで生きています。動物であれば、日の出とともに起き、日の入りとともに寝るのが自然な生活でしょう。

 

ところが、現代社会は夜でも明々(あかあか)と照明が灯り、テレビやラジオからにぎやかな音が流れつづけています。

 

そんななかで、「寝たいときに寝る」ことは難しいですし、夜寝るのが遅くなると、早起きをするのも難しくなります。

「毎朝の1時間」高校まで続けると2400時間に!

だからこそ、保育者である親が、「早く寝て、早く起きる」ことを習慣化させなければいけないのです。

 

起きてすぐの頭は、まだぼんやりとしか働きません。頭が正常に働きはじめるのは、起床してから3時間後と言われています。

 

仮に小学校の授業が朝8時半から始まるとしたら、朝5時半には起床しないと、一時間目の授業をしっかりと理解することができないということになります。

 

一日だとたった1時間ですが、一週間で5時間(土日は休みなので)、一か月では20時間、一年では200時間(長期休みがあるので)、高校卒業までの12年間では実に2400時間の差になります。その差は大きいものですね。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

母学アカデミー学長

長男は東大、次男は京大に、長女はイギリスのロンドン大学UCLにそれぞれ現役合格。

結婚後、子どもを持つことに踏み出せない時期を過ごすが、一念発起し、国内外の育児書、教育書を2000冊以上読破。

自身の子育ての成功経験・失敗経験をもとに「母学アカデミー」を開校。

「子どもの能力を伸ばしたい」「頭のいい子に育てたい」と願うお母さんたちから圧倒的な支持を得、受講者数は3000人を超える。

著者紹介

連載東大・京大に現役合格した息子を持つ母の子育て法

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

東大・京大に合格する子は毎朝5時半に起きる

河村 京子

実務教育出版

長男は、東京大学理科Ⅰ類に現役合格 次男は、京都大学理学部に現役合格 長女は、英国のロンドン大学UCLに現役合格 そんな河村家の「子育ての秘密」とは? 悪戦苦闘しながら3人の子どもを育てた河村さんは、こう語ります…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧