夫婦で「13万円」だったが…夫亡き後の「年金額」で老後破産

「老後資金2,000万円問題」をはじめ、将来の生活への不安が増すなか、投資による資産形成を促す声が高まっています。貯金だけでは食っていけない時代になった……ともいえますが、つみたてNISAや個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)に過度な期待をしすぎるのも、考えものです。

【無料】メルマガ登録こちら

高齢化社会「年金足りず老後破産」の現実味

“国民年金を満額受給している夫婦2人の世帯で試算をしてみます。

 

第1段階……国民年金の満額受給額は、1人当たり月6万5000円、2人合わせて月13万円。

 

この場合、持ち家でも賃貸でも、何とかギリギリ生活できる程度です。

 

第2段階……夫が亡くなったとき。妻が1人の場合、妻の受給額は月6万5000円。

 

それとは別に、「遺族基礎年金」が支払われる可能性があります。これは国民年金に加入している人が死亡した場合に、その死亡した人によって生計を維持されていた「子どものいる妻」、または「子ども」に支給される年金であり、「子どものいない妻」には支給額が0円となります。

 

この場合、月に10万円を切るような生活となりますが、生活費が「ちょうど半分」になることはないはずです。妻の暮らしは「夫婦2人で生活していたとき」よりも、さらにカツカツの生活となります。

 

第3段階……妻が病気になったとき。

 

通院や入院をすると、莫大なお金が必要です。月6万5000円の受給となる毎月の生活費が赤字になり、預貯金を食いつぶす生活となります。

 

最終段階……赤字生活が毎月続くようになると、破産へのカウントダウンが始まります。”和田勉『お金にモテる独身女子50のルール』

 

上記は、国民年金に限って生活をした場合のシミュレーションです。「ウチは厚生年金をもえらえる。ずっとサラリーマンだったし、大丈夫だ」……そう考えた人も少なくないのではないでしょうか。

 

令和2年12月に厚生労働省年金局が発表した『令和元年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況』では、以下の事実が報告されています。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

●厚生年金保険(第1号)受給者の平均年金月額は、令和元年度末現在で、老齢年金は14万6000円となっている

 

●国民年金受給者の老齢年金の平均年金月額は、令和元年度末現在で5万6000円、令和元年度新規裁定者で5万4000円となっている

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧