日本の平均家庭崩壊…家族3人、お肉は1日250円までの悪夢

総務省統計局『家計調査年報』(2019年)より、日本の平均的な暮らしについて分析していきます。

【無料】メルマガ登録こちら

統計調査…平均家庭が貧しくなっている?

総務省統計局『家計調査年報』(2019年)によると、2019年の2人以上の世帯(平均世帯人員2.97人、世帯主の平均年齢59.4歳)の消費支出は、1世帯当たり1ヵ月で平均293,379円。総世帯(平均世帯人員2.30人、世帯主の平均年齢59.3歳)の消費支出は、1世帯当たり1ヵ月で平均249,704円となった。

 

2人以上の世帯の消費支出を世帯主の年齢階級別にみると、40歳未満の世帯は1世帯当たり1ヵ月で平均278,768円、40~49歳の世帯は332,539円、50~59歳の世帯は354,252円、60~69歳の世帯は 292,533円、70歳以上の世帯は241,262円となった。

 

2人以上の世帯の消費支出の内訳は、食費が80,461円、住居が17,103円、光熱・水道費が21,951円、家具・家事用品が11,717円、被服及び履物が11,306円、保険医療が14,010円、交通・通信が43,814円、教育が11,495円、教養娯楽が30,679円、その他が50,843円である。

 

この調査では、約3人世帯の食費が1ヵ月8万円となっている。食費の内訳は、穀物が6,535円、魚介類が6,155円、肉類が7,447円、野菜・海藻が8,628円、乳卵類が3,834円、果物が3,253円、油脂・調味料が3,637円、菓子類が7,289円、調理食品が10,699円、飲料が4,848円、酒類が3,393円、外食が14,743円となっている。

 

上記を日割りすると、穀物・魚介は1日当たり200円程度、肉類は250円程度、野菜・海藻は300円程度、乳卵類は100円程度といった内訳になる。都内のスーパーでお買い得商品を買った場合、1日当たり、肉類は牛肉だと100グラム、豚肉だと200グラム、鶏肉だと300グラム程度という計算になる。3人が3食食べるには少なすぎるのではないだろうか。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
お金がない…(写真はイメージです/PIXTA)

日々のお金を「親に頼る」ことのリスク

核家族化が進む現在、世帯当たりの人数が減少傾向にあるなか、高齢でも親が元気な場合が多く、子ども世帯が「親のお金」に頼るケースも少なくない。日々の消費支出もさることながら、住宅ローンや教育資金といった大きなお金を工面してあげたい、という親側の気持ちもあろう。

 

しかし多額の資金援助は贈与税の対象になってしまう場合があるため、住宅ローン返済を親からの援助に頼っている世帯は注意が必要だ。さらに、親が健在なうちは問題ないが、病気をしたり介護が必要になったりした場合には、支援が途切れ、むしろ子どもが支出する側になる可能性が高い。「親のお金頼り」にはリスクがつきまとうのだ。

※「直系尊属からの住宅取得等資金の贈与の特例」と「相続時精算課税選択の特例」などの制度もあるので、支援を受ける場合は税理士に相談しましょう

 

一昔前には正社員として就職、結婚してマイホームを購入することがごく平均的な幸福とされていた。ところが民間給与が減少傾向にある現在は、いずれもが一種の「ぜいたく」とすらいわれている。

 

このような状況でも自立して生活するためには、貯蓄・節約はもちろんのこと、副業や資産運用も一手となる。毎月のお金をやりくりしつつ、1年単位、10年単位といった長い目でみた生活設計も並行して求められているのだ。

 

【5月開催のセミナー】

 

【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/8開催】富裕層が知っておくべき「中古アパートローン」最新事情

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/14開催】年10%利回り10年間保証「ベトナム・リゾートホテル投資

 

【5/14開催】第1期・2期完売「三軒茶屋・不動産小口化」第3期最新情報

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

【5/23開催】土地活用賃貸経営で「持ち余し物件」収益化計画

 

【5/29開催】国も認めた「レスキューホテル」社会貢献で利回り8~9%

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧