所有物件で「孤独死」が発生したら…不動産オーナー必見!

近年、単身高齢者世帯が増え、孤独死の件数も増加の一途を辿っています。本記事では、ダイヤモンドプリンセス号の除染作業に従事した、特殊清掃のプロ集団である「特掃隊」の連載「HOW TO コラム」より一部を抜粋し、孤独死発生後、どのような流れで原状復帰が行われるのか、また業者選びにおいて知っておくべきポイントを解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

単身高齢者世帯の増加で「孤独死」が増える見通し

近年、単身高齢者世帯が増加しています。とくに神奈川県では、ここ10年で7倍に増加しました。不慮の事故が発見されにくいため、神奈川県内の孤独死件数は今後増加していくことでしょう。

 

賃貸物件で孤独死が発生した場合、親族や積極的に動いてくれることはあまりなく、管理会社で対応を押し進めざるを得ないというのが実状です。

 

しかし増加傾向にあるとはいえ、孤独死対応に慣れた方は非常に少なく、「関係者が手をこまねいているうちに、事態が悪化していた」という案件も珍しくはありません。

 

孤独死は対応スピードが非常に重要なのです。そこで本記事では、孤独死の清掃を進めざるを得なくなったオーナーや管理会社に向けて、発生からその回復までの大まかな流れを紹介していきます。

 

(画像はイメージです/PIXTA)
(画像はイメージです/PIXTA)

孤独死の発生から現状回復までの大まかな流れ

出典:特清隊HP(HOW TO コラム)
[図表1]孤独死発生から現状回復までのフローチャート 出典:特清隊HP(HOW TO コラム)

 

孤独死発生からの現状回復までの大まかな流れをフローチャートにしたのが[図表1]です。プライベートな空間で発生する孤独死は、対応を進めるうちに想定外の事態が発生することが多いですが、[図表1]内に◇で示した事柄に関しては、どんな場合でも確実に確認し対応を進める必要があります。

 

次に、要点の解説を進めていきます。

なぜ孤独死の現場は「初期対応」が重要視されるのか

孤独死の発生時、特に意識すべき点は「時間経過とともに事態が悪化していく」ということです。遺体搬出後に残る故人の体液は、害虫と悪臭の発生源となります。そして、被害は該当の部屋だけに留まらず、近隣の部屋にも影響を及ぼし、近隣退去や現状回復費用の増大などの形で金銭的損害を発生させることになるのです。

 

これを防ぐためには早期の洗浄作業が必要で、多くの特殊清掃業者が体液洗浄や消毒、簡易消臭といったいわゆる「初期対応」を定額料金で提供しています。24時間体制で受付を行う特殊清掃業者も多いため、孤独死発生が判明次第、複数社に連絡して正確な金額と直近で対応な日時を確認し、遺族(支払者)からの了承を得る必要があります。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

長年特殊清掃業界に携わる業者同士で「お客様の為になる業界でありたい」という思いから発足。HPを通じて、常日頃お客様が不安に思うことや疑問に感じていることに対して、加盟業者が様々な情報を提供し、お客様が安心して利用できる「特殊清掃の業界づくり」を目指している。

著者紹介

連載「孤独死や天災から家を守るためには?」特殊清掃のプロ集団が解説!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧