住宅ローンだけじゃない…マイホーム購入でかかる恐しい諸費用

どんなリスクが潜んでいるかわからない「家と土地」。髙橋土地家屋調査士事務所代表・髙橋輝氏の著書『買ってはいけない家と土地』(自由国民社)より一部を抜粋・編集し、住宅購入時にかかる諸費用について紹介していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

震災後に加入が増えた「火災保険・地震保険」

保証会社は、もしも住宅ローンの返済が滞った場合に、借り手の代わりに金融機関に弁済するのです。

 

ただし、保証料を支払っている保証会社が弁済するといっても、それでローン返済が免除されるわけではありません。今度は保証会社が借り手に対して返済をするように催促してきます。

 

保証料は借り入れる時に一括で支払うものと、住宅ローンの金利に0.2〜0.3%程度上乗せするものとがあり、金融機関により異なります。

 

保証会社の保証をつけることが金融機関の融資の条件になっていますし、保証会社は金融機関が指定するので、購入者が好きな保証会社を探すこともできないケースがほとんどです。

 

②融資事務手数料

 

融資をしてくれる金融機関に対して支払う手数料です。金額はおよそ3万〜5万円くらいのところが多いのですが、融資額の数%という金融機関もあります。融資事務手数料は、融資が実行される時に一括で支払うことが多いです。

 

③火災保険料・地震保険料

 

住宅ローンを組むと、火災保険は強制加入となります。それと同時に地震保険の加入も検討することになります。東日本大震災以降、地震保険に加入する方も多くなりました。

 

地震保険は、国が定める住宅性能表示制度に基づく免震建築物などについて、各社共通の保険料の割引制度があります。

 

火災保険については、会社ごとに保険料の割引制度の有無や内容が異なります。

 

銀行や不動産業者、建売分譲業者などが保険プランを出してくれることもありますが、特に火災保険については保険会社によって割引の内容や率が異なりますので、少なくとも数社から見積もりを取り、比較検討することをおすすめします。

 

④団体信用生命保険料

 

住宅ローン返済中に死亡したり所定の高度障害になってしまった場合、ローンの残債額を保険会社が一括返済してくれるのが団体信用生命保険(団信)です。民間の金融機関で借入れをする場合は加入が条件とされています。

 

民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供しているフラット35などを利用する場合は、加入は任意とされています。

 

団信は、購入者の病歴や健康状態によって加入できないこともあります。健康上の理由で通常の団信に加入できない場合は、「ワイド団信」といって引受緩和型の団信付きの住宅ローンもありますので、そうしたものを検討してみてはいかがでしょうか。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

髙橋土地家屋調査士事務所 代表

土地家屋調査士。埼玉土地家屋調査士会所属。民間紛争解決手続代理関係業務認定取得。
日本大学卒業後、住宅販売会社に営業職として勤務。その後、土地家屋調査士事務所に勤務した後、独立。
土地、建物の調査・測量・登記手続き案件を数多くこなす。
特に税理士・司法書士等、他士業との連携を図り、「相続対策の測量・登記業務」に力を入れている。
他に測量士、宅地建物取引士、マンション管理士、マンション管理業務主任者、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザーの資格を保有。
監修書に『自分でできる不動産登記』(自由国民社)がある。

著者紹介

連載家と土地トラブルを避けるための基礎知識

買ってはいけない家と土地

買ってはいけない家と土地

髙橋 輝

自由国民社

物件を選ぶとき、ほとんどの方は、どうしても「建っている建物」だけに目が向いてしまうようです。 毎日の家事がしやすかったり、自分好みの雰囲気の中で暮らすことに想像を巡らせることも確かに大事なこと。 でも、安心して…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧