経済成長しない時代を豊かに生きられない…現代人の心の貧しさ

これまでの資本主義社会は「時間によって資本の価値が増殖する」ことを前提にしてきました。しかし、金利はゼロになり、「間を経れば成長する」という期待ももてなくなったことで、時間に価値がなくなってしまいました。そうなると、「より良い未来のために、いまを手段化する」という考え方も否定され、人類は大きな転換点に差し掛かります。そこでこれから向かうと言われる「才能主義」について山口周氏が解説します。※本連載は山口周著『ビジネスの未来』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

【オンライン開催(LIVE配信)】8/7(土)13:00~開催
定期預金、国債に代わる新しい資産運用の手法
ジャルコの「J.LENDING」が「安心・安全」だという根拠
詳しくはこちら>>>

未来のために今を生きる…「希望の物語」は幻想

「時間の価値の喪失」という状況は、私たちが人類史的な転換点に差し掛かっていることを示しています。人類の歴史に登場したイデオロギーにはしばしば「より良い未来のために、いまを手段化する」という考え方が含まれています。

 

たとえばキリスト教に「最後の審判」という考え方があることはご存じでしょう。世界の終わりにキリストが再臨し、「審判」の末に「天国に行く者」と「地獄に行く者」とが分けられる、という考え方です。

 

だからこそキリスト教徒は敬虔かつ勤勉に「いま」を生きなければならない、ということですが、これはまさに「より良い未来のために、いまを手段化する」という考え方として捉えることができます。ちなみに「最後の審判」はキリスト教だけに見られる考え方ではなく、ゾロアスター教、ユダヤ教、イスラム教のすべてに共有される世界観です。

 

また、マルクス主義では、人類の歴史がすべて「階級闘争の歴史」であったと整理した上で、この歴史はやがて、労働者の団結によって資本家が打倒され、階級対立も支配もない共同社会が訪れることで完成する、としています。

 

マルクスは宗教を否定したので、マルクス主義と教典宗教を「水と油」のように考えている人がいますが、両者の思考様式は非常に近接しています。ゾロアスター教やグノーシス主義では「善と悪との最終戦争の後に善が統べる世界が実現する」という物語を紡ぎますが、この物語の「善」を「労働者」に、「悪」を資本家に、「最終戦争」を「革命」に置き換えれば、それがそのままマルクス主義の唱える物語に換骨奪胎できることがわかるでしょう。

 

マルクスが「宗教は民衆のアヘンである」と指摘したことはよく知られています。だからこそ、実際にロシア革命以後、ソ連や中国などの共産主義国家において明確な政策的意図をもって宗教が弾圧されたわけですが、そのようなマルクス主義と、そのマルクス主義が強く否定した正典宗教とが実は同じ枠組みの物語を唱えており、数十億人というスケールの人々がその物語に陶酔したという事実は、私たちに大きな洞察を与えてくれます。

 

それは、私たち人間は、そういう類の「いま頑張っていれば、いずれ良い未来がやってくる」という「希望の物語」が大好きだということであり、これを逆に言えば、そのような「希望の物語」がなければ、私たちは生きていけない、ということなのです。ところが、そのような物語を、ついに誰も紡げなくなってしまった世界が、いままさに訪れているのです。

 

私たちが判断の拠り所としている多くの道徳や規範は「未来のために今を手段化する」という思考様式を前提としており、この思考様式は「未来の完成に向けて歴史が進歩していく」「明日は今日よりきっと良くなる」という確信を基底に置いてはじめて合理化されます。しかし「時間」が消滅してしまえば、このような規範や価値観の根拠は瓦解してしまうことになります。

 

また、これだけの物質的繁栄に恵まれているにもかかわらず、私たちの社会はなんとも言えない「空虚感」に満ちています。もし私たちの「歴史」がすでに終焉し、「時間」が消滅しており、しかも多くの人がそれに薄々気付いてしまっているのであれば、「未来の実現のために現在を手段化せよ」という社会的な規範や価値観に対して、人々が「空虚感」を覚えるのは当然のことでしょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/22(日)11:00~開催
成長を続ける教育ビジネスで「信頼と安心」のブランド力
「ECCの個別指導塾ベストワン」という選択
詳しくはこちら>>>

ライプニッツ 代表 独立研究者
著作家
パブリックスピーカー

1970年東京都生まれ。神奈川県葉山町に在住。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史専攻修士課程修了。

電通、ボストン コンサルティング グループ等で戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。

その他の著書に、『劣化するオッサン社会の処方箋』『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術』『グーグルに勝つ広告モデル』(岡本一郎名義)(以上、光文社新書)、『外資系コンサルのスライド作成術』(東洋経済新報社)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』『ニュータイプの時代』(ともにダイヤモンド社)、『武器になる哲学』(KADOKAWA)など。

(的野 弘路=撮影)

著者紹介

連載日本人はコロナ後の世界をどう生きるべきか

ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

山口 周

プレジデント社

ビジネスはその歴史的使命をすでに終えているのではないか? 21世紀を生きる私たちの課せられた仕事は、過去のノスタルジーに引きずられて終了しつつある「経済成長」というゲームに不毛な延命・蘇生措置を施すことではない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧