投資初心者の愚問「500円で買った株が800円に。売るべき?」

投資で利益を上げられるようになるには、知識はもちろん、実体験の積み重ねも大切です。投資初心者の場合、購入・売却の判断をする際に自分の深層心理に引きずられ、損失を膨らませてしまうことがあるため、とくに注意が必要です。なぜそのような現象が起こるのか、理由と解決策について経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

売買判断は「上がりそうか・下がりそうか」だけでよい

株式投資の初心者は、えてして判断を間違えることが多いものです。その要因として「上がると買いたくなり、暴落すると狼狽売りする」といったことのほかに、「買った値段にこだわってしまう」ことがあげられます。

 

初心者のなかには、

 

「500円で買った株が800円に値上がりしたのですが、売ったほうがいいですか?」

 

「1000円で買った株が800円に値下がりしたのですが、値段が戻るまで持っていたほうがいいですか?」

 

といった質問をする方がいます。

 

筆者なら「何円で買ったかに関係なく、値上がりしそうな株は持っておき、値下がりしそうな株は売りましょう」と答えます。言い方を変えるなら、「あなたがいまから株式投資を始めるとしたら、その株を買いますか? イエスなら持っていましょう。ノーなら売りましょう」ということですね。

 

つまり、「いま持っている株を何円で買ったのか」は、過去の自分の投資姿勢を反省し、将来の糧とするなら有効ですが、その株を売るか、持っているか、買い増すか…といった意思決定の判断材料にすべきではないということです。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

初心者を塩漬けに走らせるのは「脳の錯覚」

人間の目が錯覚を起こすことはよく知られていますが、同様に、脳も錯覚を起こすことがあります。このような性質が残っているということは、人間が進化する過程で「錯覚する個体のほうが生き延びる可能性が高かった」ということでしょうから、悪いことではないのだと思いますが…。

 

ここで取り上げる錯覚とは、

 

●損したときの悲しさは、儲かったときの嬉しさより2倍大きく感じる

●利益や損失が2倍になっても、嬉しさや悲しさは2倍にはならない

 

というものです。

 

人間は無意識のうちに「損をしたくない」という強い気持ちを持っています。だからこそ、株価が下がったときに、

 

「いま売ると損が確定してしまう」

「持っていれば相場が戻って損が解消するかもしれないから、それに賭けよう」

 

という判断をしてしまいがちなのです。

 

さらには、「現在、100円値下がりしている。このまま持っていると、200円の値下がりになるかもしれない」→「もとに戻るかわからないし、200円の値下がりになったとしても、いまより2倍悲しいわけではないから、戻る方に賭けてみよう」という判断も加わるわけです。

 

このような背景から、投資初心者は「損切り」をせずに「塩漬け」する場合が多いといわれているのです。

 

株を持っていれば相場が戻る可能性もあるので、塩漬けの判断が必ずしも悪いというわけではありません。しかし、戻りそうだから塩漬けにしようと考える「積極的塩漬け」と、損を確定したくないから塩漬けにしようと考える「消極的塩漬け」では、やはり違うはずです。

 

とくに重要なのは「値下がりした理由に注目する」ことです。例えば、市場全体のムードが悪化して株価が下落している場合などは、市場のムードが変われば株価が戻る可能性は十分あるでしょう。市場全体に関しては、仮に暴落しても「この世の終わり」など滅多に来ませんから。

 

しかし、個別銘柄が値下がりした場合、その企業の成長性に疑問を持つ投資家が増えたなどの理由で「銘柄の終わり」が来ている可能性は十分にあります。そうした場合には、持っていても相場が戻る可能性はあまり高くなさそうだと考え、早めに損切りし、ほかの有望銘柄に乗り換えたほうがいい場合も多いでしょう。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧