下げ相場に有効な「つなぎ売り」初心者には勧められないワケ

株式投資のなかで、ヘッジ取引の方法で使われている「つなぎ売り」。上手く利用することで持ち株の含み損を軽減することができますが、初心者には少々難しい取引かもしれません。今回は、そんな株式のヘッジ取引「つなぎ売り」について紹介します。※本連載では、AI技術を用いた株価予測ソフトを開発する、株式会社ソーシャルインベストメントでトレーダーとして活躍する川合一啓氏が、個人投資家が株式市場で勝ち続けていくための極意について説明していきます。

「つなぎ売り」をする際の注意点

「つなぎ売り」をする場合、利益を取りにいくための取引の手法というよりも、損失をできるだけ軽減・回避するための取引になります。

 

また、損失を回避するためにつなぎ売りをしたのに、株価が思惑通りに下がって来なかった場合や、空売りが増加により逆日歩の発生が起こって、思わぬ大きな損失が発生する場合もあります。

 

信用取引の新規売りをすると、手数料だけでなく諸費用なども発生するため、差益が出たとしても実際の決済を行うと損失分を充当できない場合もあります。つなぎ売りをした場合、売り建てしている建玉は最終的には決済が必要になりますので、そのタイミングも確認する必要があります。タイミングや諸費用の計算など、初心者には、難しい取引かもしれません。

 

■まとめ

つなぎ売りは、保有している現物の含み損を新規売りをすることで、その損失を回避する

 

つなぎ売りは、配当落ち後の株価の下落を回避するため、というシーンで多く見られますが、必ずしも株価が下落する訳ではなく、上昇する場合もあります。

 

また、同じような思惑が多くなると、空売りが増加するため、逆日歩の発生などが起こることがあり、損失が膨らむ場合もあるので注意が必要です。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社ソーシャルインベストメント 取締役CTO

2013年、現在につながる株式投資手法に出合い、ソニーグループで会社員をしながら200万円を元手にトレードを開始。2014年には専業トレーダーとして独立し順調に資産を伸ばす。2016年、わずか1ヵ月で全財産3,000万円をなくし、タクシー運転手として再就職、再び兼業トレーダーとなる。2017~2018年、年利300~400%達成。2019年、株式会社ソーシャルインベストメントにて、多くの教え子を稼げるトレーダーへ導くべく活動している。

著者紹介

連載個人投資家が「株式投資」で勝ち続けるための極意

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧