家庭でも使える…「リーダーシップ」の発揮の仕方

研究者として仕事と学問の両面で活躍している冠和宏氏が、人生100年時代で活躍するために必要なスキルについて解説します。

誰もがリーダーシップを発揮する機会を持つべき理由

普段多くの人が耳にするリーダーシップとは、自ら意識的に発揮する場面であることを認識した上でリーダーシップ行動を取り、その行動を見た他人がポジティブな影響を想像するという構図である。

 

別に何発リーダーシップを発揮してもらっても構わないが、せいぜい人が見てリーダーシップと感じるのは、1つか2つである。そんなことで人の印象は作られている。同じ人間ではないし、同じ行動基準と裏側にある価値観も違うのだ。

 

リーダーシップスタイルというのが研究されているが、私は大きな集団の説明をわざわざ個である自分にあてはめる必要は全くないのだと思う。誰でもリーダーシップを発揮する機会があった方が良い。

 

管理職には、現場のリーダーとして、チームメンバーが自発的に組織を良い方向に進めるための行動を取りやすい雰囲気や環境作りにエネルギーを注いでほしいと思う。

家庭でも職場でも「役職」関係なしに行動すべきである

すべてのメンバーに、組織の目的達成のために自分の正しいと思う行動を取ってほしいと思ったら、「リーダーシップ」を別の用語に置き換えてみると良い。

 

例えば、あなたが唯一無二の専門家ならば「エキスパートシップ」を発揮してほしい。

 

家庭ではどうであろうか。面倒な話は先送りで、ほとんど話をせず、後から問題が大きくなるという事例をたくさん見ているのではないだろうか。子供の教育や親の介護、相続、それだけではない。親が高齢になれば、医療費や住む場所など、色々考える場面は増えてくる。

 

家族以外には関わらせたくない話である。いや、関わりたくない話である。家庭においても、あなたがリーダーとなるべき機会はたくさんあるはずで、目指すべき方向に進めるために行動する大事な場所である。

 

****************************************************

冠 和宏

20年以上、医薬品の研究開発に従事。これまで第一三共株式会社およびファイザー株式会社にて日米の開発組織でキャリアを歩み、海外も含めた臨床開発の戦略立案業務全般に深く関与。

 

専門分野は、企業治験及び医師主導治験、そして組織マネジメント、戦略構築から治験オペレーションと幅広く、学術面でもレギュラトリーサイエンスのエリアで幅広く活躍中。

 

現在は、自ら設立した法人を通じ、臨床開発・組織及び人材開発の専門家としてコンサルティング業務に従事。現職に加えて、2019年7月より株式会社アセントデベロップメントサービスの取締役副社長兼開発本部長を兼任している。

 

また、厚労省ベンチャーサポート事業のサポーターやアカデミア組織の客員講師などの兼任、更に製薬業界の業界団体にあたるDIA Japan にも所属し、2018年はDIA日本年会のVice ProgramCommittee Chairを務め、また2019年より人工知能とデジタル技術の利活用にフォーカスしたシンポジウム(Cutting edgeシリーズ)のプログラム委員長を務めている。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『管理職魂』より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧