バンコク中心街に6駅12分…鉄道がマンション革命を起こした

宗吉敏彦はリーマンショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消した。リーマンショックで地獄に堕ちた男はアジアで再起のチャンスをいかに掴んだのか。宗吉とともに躍進するアジア不動産市場の潜在力と今後の可能性を探る。本連載は前野雅弥、富山篤著『アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

駅直結の誘導橋を整備…駅直マンションの輸出

鉄道がマンションの購入層を変える

 

タイの首都バンコク。ビジネスの中心街から西に6駅12分離れたところにクリードが現地のパートナーとともに手がけるマンションプロジェクト「ユニコーン」の建設予定地がある。広さ4800平方メートルの敷地はタラートプルー駅のすぐ目の前、日本で言う「駅直」だ。クリードは自社で1億3000万円の工事費をかけ駅からの直接の誘導橋を自前で整備する。いわば駅直マンションの輸出といえる。

 

ユニコーンの坪単価は100万円強。バンコク市内中心地が同200万円だからその半値だ。東や北に同じ距離だけ離れたとしても落ち幅はせいぜい25%程度が相場なのに、西にずれると落ち方が極端に大きくなるのがバンコクの特徴だ。

 

理由はチャオプラヤー川だ。東や北側は地続きだが、西側に大きくずれる場合はチャオプラヤー川をまたがざるを得ない。仮に川を渡ってしまうと土地のブランド価値である「地位(じぐらい)」が一気に下がってしまうのだ。

 

市民の足として鉄道「BTS(スカイトレイン)」が不動産価値を変えたという。(※写真はイメージです/PIXTA)
市民の足として鉄道「BTS(スカイトレイン)」が不動産価値を変えたという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

確かに足を運んでみると、バンコクの中心街に比べれば街区もかなり細かい。昔は王宮があったというが、道路の舗装状態は悪く、整然としたバンコク市内に比べると猥雑感は拭えない。地元の不動産会社も大手が今まであまり手を伸ばさないできたのも納得できる。

 

ただ、鉄道で中心街まで12分。しかも駅までは「濡れずに」とはいかないまでも誘導路のおかげで直結している。地位の低さを補って余りある利便性といえる。宗吉は「買い」と見た。

 

それは最近の日本の事情を考えれば分かる。ここ5年、新築マンション価格の上昇率は江東区や台東区など東側のエリアの上昇率が圧倒的に高い。駅近でしかも東京駅周辺や大手町などビジネスエリアに直結、通勤時間は20~30分以内の物件が多く、そうした物件が上昇を牽引している。

 

バンコクはこの10年、市民の足として鉄道「BTS(スカイトレイン)」の整備が急速に進んだ。かつては不動産を買う層は高所得者のみで交通手段は車であった。駅からの距離は関係なく、都心部からの距離もマンション立地にはあまり重要ではなかった。「地位」が何より大切だった。それをBTSが変える。地位ではなく駅からマンションまでの距離、徒歩時間が最も大切な要素となるはず。まず優先すべきは交通の利便性なのだ——。

クリードグループ 代表

1965年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発やコーポレートファイナンスに従事したのち、1996年クリードを設立。
当時の国内不動産業界で一般的でなかったDCFの概念を取り入れた不動産投資・評価にいち早く着目し事業をスタート、私募不動産ファンド・REIT運用等を手がける。
2012年からは、マレーシアを皮切りに本格的に東南アジアでの不動産投資に着手。現在、シンガポールに拠点を移し、マレーシア、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュ、ベトナムで事業を展開している。

著者紹介

日本経済新聞 記者

東京経済部で大蔵省、自治省などを担当後、金融、エレクトロニクス、石油、ビール業界等を取材。現在は医療、不動産関連の記事を執筆。著書に『田中角栄のふろしき』(日本経済新聞出版社)がある。

著者紹介

日本経済新聞 記者

2014年よりハノイ支局長としてベトナム全般を取材。現在は日経産業新聞の海外面デスクを務める一方、外国人労働者問題、ASEANなどを取材。著書に『現地駐在記者が教える 超実践的ベトナム語入門』(アスク出版)がある。

著者紹介

連載リーマンの敗者、沸騰するアジアの不動産市場で奇跡の復活

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

宗吉 敏彦 前野 雅弥 前野 雅弥

プレジデント社

クリードの奇跡の主人公、宗吉敏彦は、2009年1月9日、リーマン・ショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消したものの再びアジアで復活したかと思ったら、世界的な新型コロナウイルスの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧