大卒で600万円…日本の平均年収層「老後のために」の必死度

日本人の60歳までの平均生涯賃金は、大卒・大学院卒でおよそ2億4000万円です(幻冬舎ゴールドオンライン調べ)。ざっくり就業から定年退職までの約40年間、平均年収600万円の計算となりますが、老後資金も考えると、この金額でなんとかやっていくことは可能なのでしょうか。

貯金はないが、ネットショップで副業したい

40歳の皆川さん(仮名)はネットショップでの副業を始めた。貯金はないが、定年後も働き続けたいと言う。

 

「不景気ですね。貯金は100万円ほどしかないです。給料も上がらなくなってきて、会社も副業を奨励するので、ネットショップを始めました。まだ全然売れていないですが、やってみると面白いんですよ。自分の店のロゴを作ったり、好きなものを揃えたり、利益を計算したり。なんとか軌道に乗せて、定年後も収入を得たいです」

 

定年後でもできるような仕事なのでしょうか。

 

「自分でも店を出すとか、今だと結構簡単にできるんだなと感動しました。電子決済の方法とか、アプリとか、同じものが同じように定年後も使われているかわかりませんが、国が副業を奨励しているだけあって、やろうと思えば空いている時間でできるくらいの労力でできています。今から慣れておけば、定年後もそれで食べていけるのではないかなと」

 

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!