慶應大学「三田会」の知られざる謎…巨大勢力の衝撃事実、3つ

慶應大学。2020年5月1日の発表によると、学士課程の学生は約28,000人が在籍している。本記事では同大学についてさまざまな角度から検討していく。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

慶應大学と東京歯科大学が合併…巨大化進む

2020年11月、慶應大学と東京歯科大が合併に向けて協議を進めていることが報じられた。2023年4月には「慶應義塾大学歯学部」が誕生する予定となっているそうだ。医学部に次ぎ、さらなる学生確保にまい進しているようだが、フリーランス医師の筒井冨美氏は、この動きについて下記のように解説している。

 

慶應大は東京都新宿区の慶應病院のみが附属病院である。昨今の私立医大の運営を考える上で、本院のみならず分院を設けて医療不足地域にチェーン展開することで収益を上げることは重要な経営戦略である。(中略)今回の合併で慶應大に変革をもたらすのは、歯学部そのものよりも市川総合病院改め“第二慶應病院”なのかもしれない。”筒井冨美氏『慶應義塾大が東京歯科大合併で歯学部よりも「欲しかったもの」』(2020/12/1 幻冬舎ゴールドオンライン連載)

 

ちなみに、最新の医師試験大学別合格ランキングでは、私立大学のうち慶應義塾大学は7位という結果に落ち着いていた(受験者数115名/合格者数110名/合格率95.7%)。医学部受験の世界では、第一志望を医学部にし、第二志望を歯学部にするケースは少なくない。歯学部併設によって学生の動きも大きく変わることだろう。

 

何かと話題になりがちな慶應大学は、今年で創立163年目。長い歴史とともに増え続ける「逸話」には、今後も要注目だ。

 

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧