子のいない夫婦…夫の死後、義理の兄から来た「不義理な連絡」

いつの時代もなくならない相続トラブル。親/子ども/きょうだいと、死後のことを話すのは気まずい…。といった声は多いものですが、生前対策を怠ってとんでもないトラブルに巻き込まれる事例が相次いでいます。そこで本記事では相続対策の「基本のキ」を紹介していきます。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

配偶者の死後、義家族からとんでもない連絡が…

相続のシーンで必ずといってよいほど揉める遺産分割。特に子どものいない夫婦の場合、配偶者が亡くなると信じられない事態に陥ることもあるのです……。

 

NさんとMさんは長年連れ添った仲の良いご夫婦でした。ともにご高齢で、Mさんが亡くなられたときの相続財産は、Mさん名義のご自宅と、わずかな預貯金だけでした。二人の間に子どもはおらず、また、Mさんのご両親もすでにお亡くなりになっていましたので、Nさんは当然Mさんの財産をすべて相続できるものだと思って過ごしていたのです。

 

そうしたところ、Mさんの葬儀にも出席をしなかったMさんのお兄さん(Oさん)から突然手紙が送られてきました。

 

その内容は、「相続財産の一部を分けてほしい」というもの。さて、Mさんと長年連絡を取っておらず、葬儀にも参列しなかったOさんに、Mさんの財産を相続する権利はあるのでしょうか?『円満相続をかなえる本』

 

義家族の言動が大変に不義理なものだったとしても、「血族」であることは変わりありません。上記の事例では、義兄が相続権を主張しても何の問題もないのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

相続権があるのは義理の兄弟姉妹だけではありません。今回のケースでは義両親が亡くなっていましたが、存命の場合は、義父や義母にも相続権が発生します(ちなみに相続順位は「子>父母・祖父母>兄弟姉妹・姪や甥」です)。

 

たとえ夫婦間の関係性が良好でも、「義家族とはどうにも……」という方も少なくないでしょう。疎遠だった親戚と遺産めぐってドロ沼争いは何とも避けたいものです。

「遺された家族のため」求められる相続対策は…

このようなトラブルは防ぐには、生前からの相続対策が何よりも重要となります。もっともスタンダートなのは遺言書の作成でしょうか。

 

■遺言書の作成

 

遺言書は大きく分けて「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つ(「秘密証書遺言」もありますが、本記事では割愛します)。

 

「自筆証書遺言」は名の通り、公的なプロセスを踏まずに自分で書いた遺言書のことです。うっかり漏れや不備が多発するため、「家族仲が悪いし、相続発生後は揉めそう…」といったご家庭にはあまりオススメできません。

 

「公正証書遺言」は公証役場の公証人に作成してもらう遺言書を指します。要件不備などの理由により遺言書無効になるトラブルを事前に防ぐことができます。費用や手間はかかりますが、「自筆証書遺言」に比べその有効性ははるかに高いといえましょう。

 

■生前贈与や「使い切る」という手も

 

そのほかの対策としては「生前贈与」も知られていますが、一度にたくさんの贈与を行うと贈与税が発生するので注意が必要です。

 

相続案件を扱うプロに話を聞くと、「結局、使い切ってしまう(財産をなくしてしまう)のが一番」という声も聞かれます。現金の分割もさることながら、不動産の相続などでは全員が全員満足することは難しいものです。問題の種をあらかじめ摘んでおくのも一手ではないでしょうか。

 

「遺された家族のため」。莫大な資産を渡すことであったり、何もかも使いきってしまうことであったり……。その答えが何であれ、生前対策が重要であることには変わりありません。

 

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧