恐ろしい…マンション購入後の生活トラブルと「意外な出費」

「マンションに永住する」と考えている人が増加傾向にあります(国土交通省『マンション総合調査 2018年度版』)。本記事では、同調査によって明らかになった、費用面の問題やご近所トラブルの実態について見てます。

【無料】メルマガ登録はコチラ

永住意識高まるも、隣人トラブルは増え…

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

国土交通省の『マンション総合調査 2018年度版』によると、マンションへの永住意識は年々上昇しており、5年間で2013年の52.4%から2018年の62.8%となった。

 

国土交通省の「マンション総合調査 2018年度版」
国土交通省の「マンション総合調査 2018年度版」

 

マンション購入の際に考慮した項目は、「駅からの距離など交通利便性」が72.6%と最も多く、「間取り」が63.7%、「日常の買い物環境」が52.8%など、生活環境に関する項目を重視している人が多い。しかし、管理運営に関する項目はあまり意識されておらず、「共用部分の維持管理状況」を考慮した人は11.5%という結果になった。

 

マンションに購入する際に考えておきたいことに、マンションの修繕費と隣人問題がある。2018年度の時点で、マンションの長期修繕計画を立てている管理組合の割合は90.9%とほとんどの管理組合で計画され、そのなかでも、修繕積立金の額を設定しているマンションの割合は53.6%と半数を超えた。

 

月/戸当たりの修繕積立金の額、駐車場使用料などからの充当額を含む修繕積立金の総額ともに増加しており、2013年から2018年の5年間でどちらも400円ほど増加している。修繕積立金の積立方式は、均等積立方式が41.4%、段階増額積立方式が43.4%で、完成年次の新しいマンションほど段階増額積立方式となっている割合が多い傾向にある。

 

国土交通省の「マンション総合調査 2018年度版」
国土交通省の「マンション総合調査 2018年度版」

 

修繕計画よりも積立の状況が遅れているマンションが34.8%あることを背景に、修繕積立金額は増加となった。とくに、「修繕金が計画よりも20%以上不足している」マンションがもっとも多く、全体の割合の15.5%を占めていた。今後問題になっていくと考えられる。

マンショントラブルで最多も、対応が難しい生活音

隣人問題に関しては、マンションのトラブル発生件数では全体で見るとここ年間で大きく数を減らしている。しかし、一部数が増えているトラブルもある。

 

数を伸ばしていたトラブルは、生活マナーのうち、生活音のトラブルである。このデータは2018年のものだが、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが増えた今、さらに生活音のトラブルが問題になっているのではないだろうか。

 

国土交通省の「マンション総合調査 2018年度版」
国土交通省の「マンション総合調査 2018年度版」

 

マンションのトラブル処理方法は、ほとんどが、管理組合での話し合いか、管理業者への連絡、当事者同士の話し合いとなっているが、マンションの管理業者は苦情が届けられても対処が難しいことがある。

 

“アパートやマンションなどの共同住宅では、隣人との関係が非常に重要になります。どんなに他の条件がよかったとしても、隣に迷惑な入居者がいるような物件に住みたいと思う人はいません。

 

迷惑な隣人の代表は騒音を出す人です。隣人の騒音に関する相談は、マンションの管理組合でも自治体でも町内会でも、決して珍しくありません。騒音問題の難しいところは、それが本当に規制すべき騒音なのか、それとも被害を訴える人が神経質なだけで、よくある生活音の範囲内なのかの判別がつきにくいところです。“『「ワケあり物件」超高値売却法』

 

生活のなかで生まれるさまざまな音の感じ方は人によって違う。「これぐらい大丈夫だ」と考えても、他の住人にはストレスということもある。近隣住民との付き合いも含めて快適に暮らすためには、防音を意識してみてはいかがだろうか。

 

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧