月20万円だったが…男性会社員が絶望した、「公的年金額」

厚生労働省が平成29年発表した『年金制度基礎調査(老齢年金受給者実態調査)』より、年金受給の知られざる実態について見ていきます。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

正社員男性の平均年金額「208.4万円」

厚労省は平成29年12月1日時点における、老齢年金受給の実態調査を行った。以下がそのレポートである。

 

■受給状況

 

公的年金(共済組合の年金、恩給を含む)の年金額階級別構成割合をみると、男性では「200~300万円」が42.2%、「100~200万円」が30.0%となっている。平均額がもっとも高いのは80~84歳で、半数以上が「200万円以上」の受給を受けている。

 

女性では「50~100万円」が40.7%、「100~200万円」が32.4%となっている。平均額がもっとも高いのは85~89歳で、半数以上が「100万円以上」の受給を受けている。

注)公的年金年金額には、年金支払額を計上しており、支給停止額を含まない(以下同様)。

 

■平均収入及び年金受給額の内訳

 

現在の平均収入額をみると、男性308.1万円、女性150.3万円となっている。65歳以上の男性では年齢が高いほど収入が低くなる傾向がみられる一方、女性では年齢階級別に大きな差はみられない。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

本人の収入総額に占める公的年金収入の割合の平均をみると、男性73.6%、女性82.7%となっている。年齢が高いほど公的年金収入が占める割合が高くなる傾向がみられる。 

 

現役時代の経歴類型別に本人の公的年金の平均年金額をみると、男性では「正社員中心」が208.4万円、「自営業中心」が103.3万円となっている。また、女性では「正社員中心」が139.3万円、「常勤パート中心」が88.9万円、「収入を伴う仕事をしていない期間中心」が100.9万円となっている。 

 

■支出額状況

 

配偶者あり世帯の本人及び配偶者の支出額階級(月額)別構成割合をみると、「20~25万円」が19.9%と最も高く、次いで「25~30万円」が18.8%となっている。平均支出額(月額)は25.5万円となっており、65歳以上は年齢が高いほど平均支出額は低くなっている。

 

配偶者なし世帯の本人の支出額階級(月額)別構成割合をみると、男性では「15~20万円」が17.3%と最も高く、次いで「10~15万円」が17.2%となっている。また、女性では「10~15万円」が21.8%と最も高く、次いで「15~20万円」が15.4%となっている。平均支出額(月額)は男性では16.9万円、女性では14.2万円となっている。

平均年金額「208.4万円」…収支は大丈夫なのか?

同調査の大まかな結果は以上になる。そのほか、さらに細分化された分析については『年金制度基礎調査(老齢年金受給者実態調査)』レポートを参考にしてほしい。

 

男性の一般的な会社勤めの場合、平均年金額は「208.4万円」。一方配偶者あり世帯の月額の支出平均は「20~25万円」。年金だけの収支で見れば赤字になること必至だ。

 

ちなみに65歳以上の配偶者あり世帯において、本人及び配偶者の貯蓄額階級別構成割合をみると「100~300万円」が15.4%と最も高く、次いで「300~500万円」が11.3%となっている。この貯蓄分から生活費を賄っている現状がある。

自分にあった「お金づくり」が求められる時代に

「年金額が多い世帯ほど貯蓄額が多い傾向がみられる。」

 

同調査に記されていた言葉だ。厚労省は年金について、下記のように発表している。

 

“高齢期の就労の拡大等を踏まえ、高齢者が自身の就労状況等に合わせて年金受給の方法を選択できるよう、繰下げ制度について、より柔軟で使いやすいものとするための見直しを行います。”『厚生労働省ホームページ』より

 

来月4月1日より高年齢者雇用安定法が改正され、70歳までの定年引上げや継続雇用制度の導入などが始まる。就業期間の延長にともない、年金受給開始時期について、上限が75歳に引き上げられる(令和4年4月から適用)。

 

「物は言いよう」という言葉が浮かぶ。働けるから年金は先延ばしもできるようにする。そんな仕組みづくりが進んでいいのだろうか。

 

つみたてNISAや不動産投資など、サラリーマンでも気軽に始められる投資手法が広まり、資産形成を促す声が高まっているのは紛れもない事実。自分にあった「お金づくり」は何なのか。早め早めの情報収集が老後の人生のカギを握るだろう。

 

 

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧