子どもの目の異常に気づく…「色覚異常」と「眼瞼下垂」を解説

多くの場合、子どもは自分自身では目の異常に気づくことができません。そのため、親は子どもの目の健康を守るために、普段からよく子どもを観察する必要があります。今回は、多数の手術実績をもつ眼科医が、子どもが自分では気づけない「色覚異常」と「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の原因と症状、治療方法を解説します。

「眼瞼下垂」の原因と症状、治療方法は?

■眼瞼下垂(がんけんかすい)

 

[どんな病気?]

目を開いたとき、上まぶた(上眼瞼)が下がっていて黒目部分が隠れてしまう状態を「眼瞼下垂」といいます。これには、黒目が少し隠れる軽度の下垂から、黒目の半分以上が隠れる重度まで状態には個人差があります。

 

眼瞼下垂には先天性のものと、成長期に発症する後天性のものがあるほか、両目に起きる(両眼性)ケースと、片目に起きる(片眼性)ケースがあります。子どもは、多くの場合で先天性です。後天性の場合は、脳や全身の病気が隠れていて、その最初の症状として眼瞼下垂が現れることもあります。

 

眼瞼下垂になると、視野が狭くなることで視覚にも影響が及びます。特に視力が発達する子どもの時期に見えにくくなれば、視力の成長を妨げることとなります。

 

[原因]

先天性は、ほとんどの場合でまぶたを上げる筋肉(上眼瞼挙筋)がうまく発達しなかったことによって発生しています。しかし、これは珍しいことではありません。また、遺伝や妊娠中のトラブルとも関係なく、多くは偶発的なものです。

 

まれに「ホルネル症候群」という交感神経の障害によって瞳孔異常をきたす先天性の病気が原因で、眼瞼下垂を起こすことがあります。この場合は、同時に顔面の発汗が低下したり、虹彩(茶目)の色素異常を伴うのが特徴のため、容易に区別することができます。後天性の場合は、腫瘍をはじめ全身の病気が疑われるので検査が必要となります。

 

[症状]

・両目とも明らかにまぶたが下がっている、左右で目の開き具合が違うなど、外見で容易に判断することができます。
・視野が狭くなることで、物を見る際に顎を上げたり、無意識にまぶたを開こうとする動きをして額にシワが寄ったりします。
・重度の場合は、まぶたが下がっているほうの目を使わなくなったり、乱視を合併するために視力の発達が遅れたりします。この場合、両目できちんと物を見る機能(両眼視機能)の低下を伴う斜視を発症することがあります。

 

[検査]

上まぶたと瞳孔の位置関係の観察、眼瞼の動きに関連した筋力の評価など。

 

[治療]

根本的な治療は、眼瞼挙筋を短くするといった手術になります。手術の時期は、定期的に視力の発達を確認しながら、適切なタイミングで行うようになります。

 

星合繁

ほしあい眼科院長

 

 

【7-8月開催のセミナー】

※ 【7/31開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

※ 【7/31開催】安定収益&売却益も狙える「豪・ブリスベン不動産投資」

 

※ 【8/7開催】投資すべき国No.1「フィリピン」日本人向け永住ビザ最新情報

 

※ 【8/7開催】ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」の根拠

 

※ 【8/7開催】今世紀最大のチャンス「エジプト・新首都」不動産投資

 

※ 【8/8開催】実例にみる「高齢者・シニア向け賃貸住宅」成功のヒント

 

※ 【8/11開催】補助金「10割」!社会貢献と安定収益を両立「児童発達支援事業」

 

※ 【8/17開催】賃貸物件による「超減価償却節税商品」活用術

 

※ 【8/18開催】1事業所売上3,000万円強、利益1,000万円「児童発達支援事業」

 

※ 【8/20開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える、相続対策のノウハウ

 

※ 【8/21開催】今が変更前のラストチャンス!ポルトガル「ゴールデンビザ」

 

※ 【8/21開催】利回り20%/売却益2千万円を狙う「中古1棟アパート投資」

 

※ 【8/22開催】成長続ける教育「ECCの個別指導塾」ベストワンという選択

 

※ 【8/22開催】快適住空間と安定収益「賃貸併用住宅」ゆとり暮らし実現化計画

 

※ 【8/25開催】中小企業経営者必見!会社法を駆使した「株価対策」

 

※ 【8/28開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ

 

※ 【8/28開催】利回り20%以上の投資能力が身に付く「ダイヤモンド空き家投資」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

ほしあい眼科 院長

1998年佐賀医科大学卒業後、佐賀医科大学付属病 院勤務。その後、三井大牟田病院勤務を経て、2000年 に東京理科大学生命科学研究所に入所。2001年より 栗原眼科病院にて副院長を務める。2010年4月にほしあい眼科を開院、現在に至る。網膜硝子体手術、斜視 手術を得意とし、多数の手術実績をもつ。眼科専門 医、PDT認定医、ボトックス認定医、トラベクトーム認 定医、ICL認定医、先進医療認定医ほか資格保持者。

著者紹介

連載眼科医が解説!親が知っておきたい「子どもの目の病気」

※本記事は、星合繁氏の著書『子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

子どもの目が「おかしいな」と感じたら読む 子どもの目の病気事典

星合 繁

幻冬舎メディアコンサルティング

小児眼科の治療&手術実績多数! 20年以上のキャリアをもつ眼科医が 症状やその原因、病気を特定するための検査を徹底解説! 本書は子どもの動作や行動から「おかしい」と気づいたとき、 どのような目の病気が考えられるか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧