恐ろしい…コロナ禍「男性会社員のお金」の信じられない実態

コロナ禍で飲み会はすっかり減り、外出もままならない日々。せめて趣味は充実したい…と思っていた矢先「お小遣い、減らしていい?」の絶望の一言…。サラリーマンのお小遣い事情。実態はどのようになっているのだろうか? 意外な事実が判明した!

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

まさかのコロナ禍「お小遣いアップ」の意外な裏側

昨年6月に発表された『2020年サラリーマンお小遣い調査』(新生銀行グループ)によると、男性会社員の毎月のお小遣い額の平均は39,419円。前年比2,672円増と、 過去5年で最も高水準になった。一方女性会社員の毎月のお小遣い額は33,854円と、2015年からほぼ横ばいが続いている。

 

男性会社員の1ヵ月の飲み代は前年比1,555円と大幅に減り、11,620円。女性会社員の場合は8,455円と、コロナの影響をもろに受ける結果となった。外出自粛を余儀なくされた当然の帰結といえよう。ここで1点興味深いのは、男性会社員の昼食代が増加したことだ。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

男性会社員の1日の平均昼食代は、前年から30円増加し、585円となった。特に20代男性の増加率が顕著であったという。「飲み会にいけないならせめて昼ぐらいは…」といったところだろうか。

 

実は2019年の同調査では、1979年の調査開始以来もっとも低いお小遣い額を記録していた。コロナ禍での回復を意外と思うかもしれないが、お小遣い額が「アップした」と回答したのは、男性会社員で7.0%、女性会社員で5.4%。ごく一部のお小遣い増加が全体値に影響を及ぼしたといえよう。

 

では、増えた理由は何だったのだろうか。

 

男性会社員におけるお小遣いがアップした理由を見ていくと、「給料が上がったから」が76.1%で最も高く、「副業をはじめたから」19.3%、  「投資などを始めたから」14.8% と続く。女性社員におけるお小遣いがアップした理由を見ていくと、1位は同じく「給料が上がったから」が53.3%、続いて「生活費にかかるお金が減ったから」15.6%、「ランチにお金をかけるようになったから、かかる金額が増えたから」8.9%。男女での違いが見て取れる。

 

ここで気になるのは男性会社員お小遣いアップ理由の「投資などを始めたから」。実際、電車の中吊りなどで「サラリーマンが始める不動産投資」といった広告を目にした人もいるのではないだろうか?

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!