高所得の終了…どこでも稼げる最強資格・医師の「55歳の崖」

「医師が淘汰される時代は目の前に来ている」。そう語るのは、キャリア形成のスペシャリスト、落合宏明氏。同氏は医療・介護専門の転職サポート会社として業界最大級の会員数を抱える、株式会社メディカルキャリアの代表取締役です。医師さえ食いっぱぐれる時代となった今、医師人生の明暗を分けるのは「キャリアプランの有無」。それも早いうちから立てておかなくては間に合いません。実際にあった相談事例をもとに、今回は「転職」について考えてみましょう。

 【医師限定】の資産形成相談、開催中。
 プレミアム個別カウンセリング はこちら⇒
 

生涯安泰と思いきや…医師は「55歳」を境に収入減少

キャリアプランを考えるなら、早ければ早いほどメリットがあります。早く考えれば、それだけ早く行動に移せます。行動すればいろいろな人と話ができて得るモノも多くなります。

 

ここでは、早くキャリアプランを考えるべきだった例を紹介します。【図表】で分かるように医師の年収は55歳を境に減少していきます(厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」)。

 

参考:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」のデータより
【図表】医師の平均年収の年齢による変化 参考:厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」のデータより

 

そのため私たちのところへ転職相談に来るドクターも55歳前後の人が多くなっています。「収入が下がったから転職したい」というのです。

 

しかし、給与が下がるということはニーズも下がったということです。今よりもかなり地方へ転居するなど思い切ったことをしない限り、現状維持以上の給与は期待できません。要するに55歳という年齢は、本人の希望と市場ニーズにギャップが生じる分岐点なのです。

転職予定ナシだった50代勤務医…コロナ禍で無念の退職

実際に私のクライアントにこのようなドクターがいました。彼は関西の大都市に住む50代の内科医。週3回勤務で年収は1400万円。家族は奥さまのみ。ですから比較的余裕のある生活をしていました。

 

ところがです。このコロナ禍で外来数が激減し、病院の経営状態が悪化。その結果、彼は病院を退職せざるを得なくなりました。

 

この事実は彼にとってまさに青天の霹靂。まったく予測していないことでした。彼にキャリアプランはなく、「俺は絶対に転職なんかしない」と考えていたからです。

 

彼はこのような状況で私のところへ相談に来ました。しかし、いくら当社が業界最大規模の転職エージェントでも、この案件をまとめるのは困難でした。

 

その最大の理由は年齢。さらに専門医資格を取得していなかったことがネックとなりました。それでも地方に行けば今のところ選択肢はあります。しかし、彼は転居を頑なに拒みました。慣れ親しんだ地元に密着した医療を行いたいというのです。

 

そこで私はこれまでのコネクションをフル動員してさまざまな病院に打診をしましたが、彼の希望するエリアでは面接さえしてもらえませんでした。現在の彼は退職して半年以上経ち、アルバイトでなんとか生計を立てています。

 

転職の契機は、自分の希望と関係なく訪れるケースが多々あります。ですからいつそのときが訪れてもいいように早めにキャリアプランをしっかり立て、資格取得などの準備をしておくべきです。

今や「医師免許だけ」では転職できない時代

つい最近まで医師の転職は容易でした。どこの医療施設でも医師が不足していたからです。そのため、それこそ医師免許さえあれば誰でも転職できる状態でした。

 

しかし、近頃の転職市場には変化が生じています。特に都市圏の医療施設の医師不足は解消され、施設が医師を選ぶようになってきました。

 

転職における面接の際に重視されるのは、「転職履歴」「年齢」「人間性・考え方」「トレンド」「スキル・経験」です。この5つはキャリアを左右する要素でもあります。このなかで最も注視されるのが「人間性・考え方」、具体的には「コミュニケーション能力」です。

 

私の経験では、面接が通らないドクターの3割はコミュニケーション能力がネックとなります。例えば患者さん、コメディカル問わず相手の話を聞かずに自分の言いたいことだけ伝えようとするドクターは、ほとんど面接に通りません。

 

以前からその傾向はあったのですが、最近は国の地域包括ケアシステム推進によって薬剤師や介護士など今まであまり接点がなかった人とのコミュニケーションが増えているので、より重要視されるようになりました。

 

「コミュニケーション能力はもって生まれたもの」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。意識し続けていれば向上するものです。向上させるには、日常的にさまざまな価値観の人の話を聞くことが有効でしょう。「絶対それは間違っている!」と感じても、とにかく最後まで話を聞くのです。

 

私は、なかなか面接が通らないドクターに対して「転職が決まるまで病院ではなくコンビニかファストフード店でアルバイトをしてください」と本気で伝えています。それほど医師にとってコミュニケーション能力は重要です。

納得の事情説明はできますか?転職回数にも要注意

また、転職回数があまりにも多いドクターも敬遠されます。医師は一般的なサラリーマンと比べて転職への抵抗感が少ないのは事実です。そしてその理由が、自身のスキルアップや親の介護など誰が聞いても納得できるものであるなら、まったく問題ありません。

 

しかし、医師としての経験に対して転職回数が多く、その理由も明確に答えられないと、まずコミュニケーション能力を疑われます。

 

実際に転職を繰り返すことによって、ついにどこも紹介できる医療施設がなくなり、転職エージェント業界で有名になってしまったドクターもいます。彼が転職する理由は、やはりコミュニケーション能力によるものでした。気が短いためにコメディカルだけでなく患者さんにも怒鳴ることが多く、クレームなどによって長くは勤められないのです。

 

そういった評判は、だんだんと彼の勤める地域の医療施設に広がっていき、ついに面接を拒否されるようになってしまいました。それなのに彼は地方での勤務を拒み続けているので、いつまで経っても就職先が決まらない状態です。

勤務先だけではない…「患者が医師を選ぶ時代」の到来

医師を選ぶのは医療施設だけではありません。近い将来、患者さんも医師を選択し、指名する時代が来るでしょう。

 

その背景には医師が余る時代の到来、そしてデジタルヘルスケアの発展があります。オンライン診療が普及すれば、例えば東京都在住の患者さんが北海道にいるドクターを指名することも当たり前のように行われるでしょう。その評判はSNSなどで拡散され、さらに人気が人気を呼びます。

 

一方で悪い評判も広範囲に拡散することになるので、コミュニケーション能力が低く、腕の悪い医師は淘汰されることになります。

 

後者の医師にならないための第一歩、それは明確なキャリアプランを立てて自分の強みを伸ばしておくことです。

 

また、このような実力主義の時代になれば、若さが武器になり、高齢がハンデとなります。転職を検討する際は特にそのことを実感するでしょう。そういった意味でもキャリアを考えるなら早ければ早いほどいいのです。

 

<まとめ>

●キャリアプランの作成にも金融リテラシーが必要

●キャリアプランが固まったら即行動!

●コミュニケーション能力を高め、指名される医師に

 

 

落合 宏明氏

株式会社日本メディカルキャリア 代表取締役

 

 

↓コチラも読まれています 

【医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

年収1500万円前後だが…勤務医が「資産10億円」になれるワケ

株式会社トライブホールディングス 代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

↓大山一也氏と直接話せる!カウンセリング開催中↓



★最新セミナーはコチラ★
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 セミナー詳細を見る>>


株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/


【最新書籍】無料プレゼント:https://trivehd.co.jp/lp/r/book07/

著者紹介

連載研修医のための金融リテラシー講座

※本連載は、大山一也氏の著書『研修医のための金融リテラシー講座』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

知らないあなたは将来損をする! 研修医のための金融リテラシー講座

知らないあなたは将来損をする! 研修医のための金融リテラシー講座

大山 一也

幻冬舎メディアコンサルティング

「医師になったらお金の心配はいらない」なんてウソ! 「医師になれば一生安泰」。世の中のほとんどの人がそう思っているはずですが、現実はブラックな職場環境や激務などによって毎日つらい思いをし、安泰と感じている研修…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!