今回は違う?コンセンサスより強い経済の回復を想定する理由

2020年4月、新型コロナウイルスの対策として緊急事態宣言が発令された際、日本のGDP成長率は年率-20%という事態に陥りました。未曽有の事態が続く中、FOUR SEASONS ASIA INVESTMENT Pte. Ltd. のCEO・国府田茂佳氏は今後の経済について「日本人が過去に見慣れた道筋とは違うタイプの回復」になると予測します。

指摘率トップ、「名義預金」を税務署はどうみているか?
『相続税の税務調査の実態と対処方法』>>11/17(水)開催

自粛で気づいた「お金を使いたい」という欲

これだけオンラインの時代になってもすべてをオンラインや電話だけで完結することはできません。

 

同じ空気を共有するというのが人間にとって重要なコミュニケーションの一部なのです。オンライン証券が出始めたミレニアムのころに証券会社の営業職は必要なくなるといわれました。しかし、依然として営業職は残っていますし、優秀な人は多くの報酬を得ています。

 

土地が広大なアメリカでは、依然として電話で営業のすべてを完結できると考える企業は少なく、優秀な営業に対する求人は常にあります。空気を共有するところから新たなソリューションが生まれ、面白い話が飛び出します。友人であれば感情を共有して楽しかったという思い出が残るでしょう。

 

また、コロナ騒動や緊急事態宣言で分かったことは、お金を使うことが人間にとってエンターテインメントである、ということです。コロナへの緊張はありましたが、当時唯一開店していたスーパーマーケットで店の棚を見て回るのが意外な楽しみであった人も少なくないのではないでしょうか?

 

そのような人間が2020年ほとんどお金を使う機会がなかったという側面も否定できませんし、企業活動においてもしかりです。政府の補助も含めてこうした状況がマクロ経済的に各国での貯蓄率の急上昇につながっています。マッチ一本ですぐに火が付きそうな弾薬が溜まっているような印象を持っています。

 

今回の大停滞のあとに待っているのは通常の経済サイクルとは違う、日本人が過去に見慣れた道筋とは違うタイプの回復だと考えています。

 

【ヘッジファンドセミナーを随時開催】
表舞台に滅多に出ないヘッジファンドマネージャーの話が聞ける数少ないチャンス!
>>>募集中の無料セミナーを見る

 

 

国府田 茂佳

FOUR SEASONS ASIA INVESTMENT Pte. Ltd. CEO

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【10/20開催】専門税理士の売却時の税務面の解説あり!「太陽光発電投資」の出口戦略

 

【10/20開催】国際税務に精通した税理士が“投資家目線”で語る「アジア投資」の進め方

 

【10/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【10/21開催】徹底比較!「東南アジア」5ヶ国6都市不動産投資環境

 

【10/21開催】短期償却&長期安定収益狙いの「新規事業投資」徹底比較

 

【10/27開催】コロナ禍におけるM&Aの最新事情と案件説明会

 

【10/27開催】2022年の日本株式市場は?マーケットの見通しを解説!

 

【11/4開催】富裕層のための「交通トラブル」対応ポイント~弁護士が解説!

 

【11/4開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

FOUR SEASONS ASIA INVESTMENT Pte. Ltd. CEO/ CO-CIO

1981-1984 早稲田実業学校高等部
1985-1989 慶応大学法学部
1989-1992 コロンビア大学(NY)、国際行政大学院修士
1992-1997 ゴールドマンサックス証券債券部 NY、東京で外国債券のトレーディング・営業
1997-2006 ゴールドマンサックス・アセット・マネージメント 日本株シニアポートフォリオマネージャー
(1997-2001 小型株運用)
(2001-2006 大型株およびグローバルテクノロジーファンド運用)
2006-現在 フォーシーズンズ・アジア・インベストメントをシンガポールにおいて創業

著者紹介

連載ウィズコロナ・アフターコロナ時代の投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧