富裕層向けで手痛い失敗…「カンボジアに高級マンション」?

宗吉敏彦はリーマンショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消した。リーマンショックで地獄に堕ちた男はアジアで再起のチャンスをいかに掴んだのか。宗吉とともに躍進するアジア不動産市場の潜在力と今後の可能性を探る。本連載は前野雅弥、富山篤著『アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

クリードはカンボジア証券取引所に上場を計画

江戸の敵、プノンペンで討つ

 

カンボジアの首都プノンペン。カンボジア証券取引所(CSX)はその中心地106通り沿いにある。

 

現在、カンボジア証券取引所に上場する企業はたった5社。最も早かった上場案件は2012年4月18日、プノンペン上水道公社(PPWSA)だった。その後、カンボジア経済の順調さを証明するように1~2年に1社の割合で、カンボジアの情報インフラやエネルギー、インフラ関連の大手企業の上場が続いた。

 

ただ、ほとんどがBtoB(企業間取引)のビジネスを行う企業ばかり。いわゆるBtoC(消費者向け)のビジネスを行う会社はない。住宅デベロッパーに相当する会社もない。

 

ところが6社目の上場企業は、これまでのカンボジア企業とは少し傾向性が異なるかもしれない。日系企業になりそうなのだ。その日本の企業というのが宗吉率いるクリードだ。2009年1月、東証1部で上場廃止となったはずのクリードが、インドシナ半島の南に位置するカンボジアで息を吹き返そうとしているのだ。

 

投資家や富裕層ではなく中間層向けの商品に切り替えていくという。(※写真はイメージです/PIXTA)
投資家や富裕層ではなく中間層向けの商品に切り替えていくという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

あれから約10年。同じ場所で同じスタイルのビジネスをやっているようでは進歩はない。並みの経営者だ。舞台を東南アジアに移した宗吉は、カンボジアでも現在3つの巨大プロジェクトを手がけ、立ち上げた事業会社も5つになった。それらを1つにまとめてカンボジア証券取引所(CSX)に上場する計画なのだ。手続きが円滑に進めばあと1~2年で上場が完了する。日本から4000キロメートル以上離れたカンボジアで、クリードの名前が表舞台に登場する。

 

「日本は大好きだ。住んだり旅行をしたりするには、世界で最もコストパフォーマンスの良いところだ。しかし、ビジネスをやるには狭すぎるし成熟しすぎている。そして再チャレンジは難しい社会だ。自分が輝ける場所はアジアだ」と宗吉は言う。今、計画しているカンボジアでの上場がうまくいけば、それを1つ証明したことになる。

 

宗吉のカンボジアでの成功には、日本の投資マネーも期待を寄せる。カンボジア証券取引所によると、2018年上半期(1~6月期)の外国人による株取引のトップは日本人。外国人の取引の3割以上が日本人だった。「カンボジアが成長市場」との認識は日本でも次第に浸透しつつある。そんななかで日本の不動産会社であるクリードがカンボジア証券取引所で上場することに成功できれば、日本からの投資マネーの有力な受け皿となる可能性は高い。

 

ここまでの道のりは、決して平へい坦たんだったわけではない。宗吉は2010年代に入るとすぐにカンボジアでのビジネスに着手したが、最初は現地の商慣習がよく分かっていなかったし、失敗に次ぐ失敗だった。

クリードグループ 代表

1965年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発やコーポレートファイナンスに従事したのち、1996年クリードを設立。
当時の国内不動産業界で一般的でなかったDCFの概念を取り入れた不動産投資・評価にいち早く着目し事業をスタート、私募不動産ファンド・REIT運用等を手がける。
2012年からは、マレーシアを皮切りに本格的に東南アジアでの不動産投資に着手。現在、シンガポールに拠点を移し、マレーシア、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュ、ベトナムで事業を展開している。

著者紹介

日本経済新聞 記者

東京経済部で大蔵省、自治省などを担当後、金融、エレクトロニクス、石油、ビール業界等を取材。現在は医療、不動産関連の記事を執筆。著書に『田中角栄のふろしき』(日本経済新聞出版社)がある。

著者紹介

日本経済新聞 記者

2014年よりハノイ支局長としてベトナム全般を取材。現在は日経産業新聞の海外面デスクを務める一方、外国人労働者問題、ASEANなどを取材。著書に『現地駐在記者が教える 超実践的ベトナム語入門』(アスク出版)がある。

著者紹介

連載リーマンの敗者、沸騰するアジアの不動産市場で奇跡の復活

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

宗吉 敏彦 前野 雅弥 前野 雅弥

プレジデント社

クリードの奇跡の主人公、宗吉敏彦は、2009年1月9日、リーマン・ショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消したものの再びアジアで復活したかと思ったら、世界的な新型コロナウイルスの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧