「よくわかんないけど不調だな~」を放置して発症する仰天の病

「季節の変わり目でなんとなく眠りにくい、イライラする。まあ命に関わるわけもないし、これで病院行くのもなあ」…その不調、放置したままでよいのでしょうか。思わぬリスクが潜んでいるかもしれません。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「ストレスですね」で片づけてしまう医師もいるが…

ここまで見てきたように、原因不明のつらい不調は単なるからだの問題といったレベルにとどまらず、うつ病などの予期せぬリスクをはらんでいます。しかし医療機関では不定愁訴と診断がつくと、投薬などによる対症療法で片づけられてしまうことが多いものです。治療法はもちろん、その原因についても「わからない」と匙(さじ)を投げられてしまうことさえ珍しくなく、医師によっては、ストレスのせいだと片づけるだけのところもあります。

 

では、まったく原因がわからないかといえば、そうではありません。多くの人が「原因不明」と思い込んでいる不定愁訴には、自律神経が関係しているのです。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。もちろん、目に見えたり、手で触れられるものではありません。そのため自律神経の乱れに気づくことができる人は、ほとんどいないでしょう。また、医療からのアプローチだけで自律神経の調整をしたり、治療をしたりということも困難です。

 

自律神経の乱れに起因した症状が見られる場合、「自律神経失調症」という病名がつくことがよくあります。自律神経失調症の症状は、不定愁訴のそれと非常によく似ています。自律神経失調症の定義は、「検査を行っても、器質的な病変はないのに、種々の不定愁訴を訴える状態」とされています。つまり、「自律神経が乱れることで、さまざまな不定愁訴が見られる状態」が自律神経失調症なのです。

 

自律神経の働きは、何が原因で、乱れるのでしょうか。

 

そもそも神経には「体性神経」と「自律神経」の2種類があります。「体性神経」とは、簡単にいうと「(手足などの)からだを自分の意思で動かすための神経」です。

 

一方「自律神経」とは、体温をうまく調節したり、血圧をコントロールしたり、消化器を適切に機能させるなど、「自分の意思とは関係なく働く神経」です。私たちが通常無意識にうまく行えている呼吸や循環、消化、排泄、発汗、体温調整、睡眠などをコントロールしてくれている「縁の下の力持ち」的存在です。

 

\\1/15開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術
日本人向け永住ビザ2022年最新情報!!

医療法人東海 理事長

医療法人東海理事長。医療法人コジマ会ジャパン藤脳クリニック脳神経外科医師。医学博士。愛知県名古屋市出身。1986年藤田保健衛生大学医学部卒。脳神経外科を専門とし、全般、特に脊髄から末梢神経まで詳しく精通している。介護老人保健施設の運営を通じ、近年は脳卒中予防の観点から糖尿病や高血圧症等、生活習慣病も扱っている。また、東洋的な思想を取り入れ、気功や瞑想などを様々な病気の治療に活用、産業医としてさまざまな疾患に対する気功の効果を独自に研究している。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は、2016年2月刊行の書籍『1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。万一、本書の記載内容により不測の事故等が生じた場合、著者、出版社はその責を負いかねますことをご了承ください。

1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」

1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」

丸山 浩然

幻冬舎メディアコンサルティング

頭痛、肩こり、不眠、イライラなどの不定愁訴は、ホルモンバランスの乱れや環境ストレス、精神的ストレスなどにより、自律神経のバランスが崩れることで発症するといわれています。その解決のカギともいえるのが、理論に基づい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧