リーマンショックで地獄に堕ちた男…「ベトナム不動産で復活」

宗吉敏彦はリーマンショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消した。リーマンショックで地獄に堕ちた男はアジアで再起のチャンスをいかに掴んだのか。宗吉とともに躍進するアジア不動産市場の潜在力と今後の可能性を探る。本連載は前野雅弥、富山篤著『アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

物件が売り出し初日に売り切れる「即日完売」

宗吉敏彦率いるクリードがベトナムのプロジェクトで二人三脚を組むのは、「ホーチミン市で一番、そして10年後にはベトナムで一番のディベロッパーになる」と語るアンギアだ。買えば上がる物件——。そんな口コミ効果もあってか、アンギアは急成長し、今ではベトナム国内で有数の不動産会社である。

 

不良資産化したプロジェクトも立て直せる

 

それにしても買えば上がるマンションとは。いったい秘訣はどこにあるのか。まずブランド力だ。ホーチミン市内の大型モデルルームを訪れてみると、いかにアンギアがそのブランド力を大切にしているかが分かる。モデルルームに置いてあるタイ製の家具は、雰囲気がモダンでセンスもいい。

 

入り口には足を置くだけでビニールのフィルムが自動的に靴底を覆ってくれる機械があり、モデルルームは清潔さを保っている。「今どきのライフスタイル」の象徴といえ、モデルルームには雑誌やホームページ用に若い女優たちが日替わりで撮影にやってくる。

 

アンギアの物件は住人の視点から見た細やかな設計や工夫は、他のベトナムの物件にはなかなか見られないという。(※写真はイメージです/PIXTA)
アンギアの物件は住人の視点から見た細やかな設計や工夫は、他のベトナムの物件にはなかなか見られないという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

単なるイメージだけではない。住人の視点から見た細やかな設計や工夫は、他のベトナムの物件にはなかなか見られない。「商品づくりにこだわり抜いた」(グエン・バ・サン社長)アンギアならではだ。

 

具体的にはエアコン。蒸し暑いベトナムではベッドに寝ている人に直接風が当たる場所に設置するケースが多い。しかし、アンギアは違う。あえてベッドから離し、ベッドサイドから風を送る。ガラスの仕切り板を設け、寝ている人の側面からやわらかく風を送る工夫も施した。

 

窓もまた同様。ベトナムではリビングなどの窓は胸の高さに取り付けるのが一般的だが、アンギアは膝の位置までグッと下げる。窓のスペースを広げることで、部屋の開放感が増し雰囲気が華やぐ。

 

こうした配慮は施工経験とユーザーからの声の集積の結果だ。ではなぜ、アンギアはそれができるのか——。実は提携しているクリードのノウハウを活用しているのだ。2015年12月期以降、アンギアとクリードはベトナムで二人三脚、共同でプロジェクトを手がけている。部屋の設計やデザインなどもクリードが全面的にサポートしており、これがアンギアの扱う商品の価値を大きく引き上げている。

 

それが証拠にクリードとの提携以降、アンギアが手がけたプロジェクトは全部で6案件だが、いずれも好調だ。ほとんどの物件が売り出し初日に売り切れる「即日完売」状態だ。

 

立地と価格のバランスもうまい。実はアンギアが手がけるプロジェクトの多くは「7区」にある。この立地こそアンギアのプロジェクトが強い理由だ。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

クリードグループ 代表

1965年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発やコーポレートファイナンスに従事したのち、1996年クリードを設立。
当時の国内不動産業界で一般的でなかったDCFの概念を取り入れた不動産投資・評価にいち早く着目し事業をスタート、私募不動産ファンド・REIT運用等を手がける。
2012年からは、マレーシアを皮切りに本格的に東南アジアでの不動産投資に着手。現在、シンガポールに拠点を移し、マレーシア、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュ、ベトナムで事業を展開している。

著者紹介

日本経済新聞 記者

東京経済部で大蔵省、自治省などを担当後、金融、エレクトロニクス、石油、ビール業界等を取材。現在は医療、不動産関連の記事を執筆。著書に『田中角栄のふろしき』(日本経済新聞出版社)がある。

著者紹介

日本経済新聞 記者

2014年よりハノイ支局長としてベトナム全般を取材。現在は日経産業新聞の海外面デスクを務める一方、外国人労働者問題、ASEANなどを取材。著書に『現地駐在記者が教える 超実践的ベトナム語入門』(アスク出版)がある。

著者紹介

連載リーマンの敗者、沸騰するアジアの不動産市場で奇跡の復活

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

宗吉 敏彦 前野 雅弥 前野 雅弥

プレジデント社

クリードの奇跡の主人公、宗吉敏彦は、2009年1月9日、リーマン・ショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消したものの再びアジアで復活したかと思ったら、世界的な新型コロナウイルスの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ