日銀トップの堂々記者会見で「株爆上がり」が現実化したワケ

値上がりする株を見極めるのは、とてもむずかしいことです。そしてその見極めをむずかしくしている要素のひとつに「みんなが値上がりすると考えると、本当に値上がりする」という現象があります。なぜそのようなことが起こるのか、そして、それらを踏まえたうえで少しでも有利に投資を行うには、どうしたらいいのでしょうか。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

美人コンテントの優勝者を当てたら、自分にもご褒美が

著名な経済学者であるケインズは、株価の動きを「美人投票のようなもの」と表現しました。しかし、この言葉の真意を理解するには、ケインズが生きていた当時の美人投票のルールを知っておく必要があります。

 

現代の美人投票は、審査員が「この人がいちばん美人だ」と思う候補者に投票し、最多得票者が優勝してトロフィーをもらいますが、ケインズの時代では、優勝者に投票した審査員も「審美眼が高い」として景品をもらえたのです。

 

そうなると審査員は、自分が美人だと思う候補ではなく、優勝しそうな候補者に投票しようと考えます。つまり「ほかの審査員が投票しそうな候補者」です。そのため、候補者を見るよりも審査員席の噂に耳を傾けるようになるわけですね。

 

自分はAが美人だと思っても、Bが登場したときにほかの審査員が大きな拍手をしたら、Bに投票したほうが得ですね。さらにいえば、「Cが審査員に賄賂を贈っているから、Cが勝つだろう」という噂を耳にすれば、Cに投票した方が得でしょう。

 

「自分も賄賂がほしかったのに。くれなかったCには投票しない!」などという意思決定は、経済合理的とはいえませんからね(笑)。

 

重要なのは、その噂がウソであっても関係ない、ということです。もしかすると、Cはだれにも賄賂を贈っていなかったかもしれません。それでも、審査員たちの多くが噂を信じてCに投票すれば、実際にCが勝つのです。

 

反対にいうと、噂がウソだと知っていても、人々が噂を信じていることを知っていた場合は、噂を信じたフリをしてCに投票する方が得だ、ということになります。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!