「お菓子買ってぇ~!」お店で叫ぶ子に、ベテラン保育士なら…

「イヤイヤ期」とはおおよそ1歳半~3歳頃を指し、第一次反抗期や魔の2歳児ともいわれます。しかし、イヤイヤ期は自立・成長の時期であり、本当は親にとっても非常に喜ばしいことなのです。本記事では、イヤイヤ期専門保育士が、子育てに奔走する親御さんに向け、この時期特有の困りごとへの対処法を紹介します。※本記事は、『イヤイヤ期専門保育士が答える 子どものイヤイヤ こんなときどうする? 100のヒント』(実務教育出版)より抜粋・再編集したものです。

家を出た瞬間の「おしっこ行きたい」宣言に脱力…

(イラスト/クリハラタカシ)

 

●やりがちだけど、なるべくしたくないこと

 

× 「だから、さっき聞いたのに!」と叱る

× 「また? いつもそうじゃない!」と不機嫌になる

× 「もう! なんでいまいうの?」と責める

 

●親として知っておきたいこと

 

お出かけ前にトイレに誘っても「出ない」というので、そのまま家を出たら、途端に「おしっこ!」。「だからさっき聞いたのに!」と腹が立つことでしょう。また家に戻ってトイレに行くのはめんどくさいですもんね。

 

でも、子どもにしてみたら、お出かけすることが楽しみすぎて、声をかけられたときの優先順位のなかにトイレが入っていなかっただけ。 聞かれたことすら覚えていないかもしれません。

 

●イヤイヤ期専門保育士の対処ワザ

 

家を出てから「おしっこ」といわれることが何度か続くと、「また? いつもそうじゃない!」といいたくなりますよね。しかし、落ち着いて「そう、おしっこなのね」と受け止め、トイレに行きましょう。

 

家を出てから「おしっこ」といわれなくするには、親の働きかけが必要です。とっても簡単です。“出かける前には必ずトイレに行く”を決定事項にするのです。「おしっこは?」と子どもに確認するのではなく、「おしっこ行くよ」という決まり事にするのです。

 

お出かけ前は必ずトイレに行くことを習慣にするだけで、家を出た瞬間に「おしっこ」宣言の回数はぐーんと減りますよ。

 

お出かけ前のトイレは決定事項にしよう

 

【※2月14日 開催セミナー】
「低リスク」&「安定収益」を実現
これまでのフランチャイズ投資とは違う!
完全業務委託型「幼児教室FC投資」徹底解説

あなたにオススメのセミナー

    0・1・2歳児専門保育士

    1978年生まれ。兵庫県西宮市の認可保育園・中田家庭保育所施設長。自宅が家庭保育所を運営している環境に生まれ育つ。学校から帰宅すると、保育所の子どもたちと遊ぶことが日課で、人生の大部分で乳幼児と触れ合う。小学館の「HugKum」や「ベビーカレンダー」で0~2歳の育児コラムを連載。著書に、『イヤイヤ期専門保育士が答える子どものイヤイヤ こんな時どうする? 100のヒント』(共著、実務教育出版)、『いっぺんに作る赤ちゃんと大人のごはん』(誠文堂新光社)がある。

    著者紹介

    イラストレーター

    漫画、イラスト、絵本などを制作。
    主な著書に漫画:『冬のUFO・夏の怪獣【新版】』(ナナロク社)、『ツノ病』(青林工藝舎)、絵本:『ゲナポッポ』(白泉社)、『ぱたぱた するする がしーん(こどものとも年中向き2018年8月号)』(福音館書店)、『これなんなん?』(くもん出版)、『むしめがねのルーペちゃん』(アリス館)、『こうえん』(偕成社)、『とおくにいるからだよ』(教育画劇)、『ハッピーボギー』(あかね書房)、『くまくんの たすけて〜!』(学研プラス)などがある。現在、「母の友」にて漫画『日曜日のはじめちゃん』を連載中。

    著者紹介

    連載「イヤイヤ期」をイライラせず乗り越える!現役保育士が対処ワザを解説

    イヤイヤ期専門保育士が答える 子どものイヤイヤ こんなときどうする? 100のヒント

    イヤイヤ期専門保育士が答える 子どものイヤイヤ こんなときどうする? 100のヒント

    中田 馨

    実務教育出版

    「もう、イライラしたくない!」というママ、パパのための本! イヤイヤ期専門保育士さんによる具体的な対処法が、ユーモアたっぷりに描いたイラストとともに学べる。しんどいイヤイヤ期を乗り切るための決定版! イヤイ…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ