「何だろう。このにおいは」職場のドアを開けて絶句したワケ

宗吉敏彦はリーマンショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消した。リーマンショックで地獄に堕ちた男はアジアで再起のチャンスをいかに掴んだのか。宗吉とともに躍進するアジア不動産市場の潜在力と今後の可能性を探る。本連載は前野雅弥、富山篤著『アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

村上世彰「ガツーンと行きなよ。ガツーンと」

アジアにはチャンスが唸っている

 

2011年、宗吉(敏彦)はシンガポールにいた。「もはや日本には未練はない」。東京から自宅を移し永住権を取得、ゴルフと読書の日々を送っていた。

 

当時、宗吉がぼんやりと狙いを定めていたのがマレーシア。ジョホール州で道路や下水道などインフラを整備、東京都とほぼ同じ面積の広大な土地を開発する「イスカンダル計画」が動き始め約5年が経過していた。

 

「一敗地にまみれた日本ではまだ信用はない。しかし新天地のマレーシアなら法的整理をした会社だとか、過去のことなんか、気にする奴らもいない」。そう感じていた宗吉は、マレーシアの政府が進める巨大プロジェクトに目をつけた。国家プロジェクトなら必ずインフラ整備は進む。そうなれば不動産価値は上がるはず。周辺で2億~3億円を投じ、2ヘクタール程度の土地を取得、宅地開発を画策していた。

 

狙うターゲットは分厚くこれから成長する低・中所得者層に絞り込んだ方がいいという。(※写真はイメージです/PIXTA)
狙うターゲットは分厚くこれから成長する低・中所得者層に絞り込んだ方がいいという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

たまたまディナーを共にしていた旧知の仲の投資家、村上世彰にそれを伝えると、村上は間髪入れずにこう言った。

 

「チマチマやってないで、ガツーンと行きなよ。ガツーンと」

 

村上の言葉に後押しされたわけではないが、宗吉は「ガツーン」と行った。地場の大手不動産会社が高所得者向けに展開していた住宅開発で一気に攻めた。最初は49%、契約条件に従って買い上がり、最後はプロジェクトを100%手中に収めた。

 

大きく資金を投じ大きく勝負する——。しかし、高所得者や投資家の市場の層は意外に薄かった。販売は思ったようなペースでは進まなかった。

 

そして2015年のチャイナショック。円が切り上がった。円安時代に多額の資金を投じて取得していた不動産の価値が、円ベースで一気に目減りしてしまった。他の2つの案件を含め、マレーシアのプロジェクトの採算そのもので損が出たわけではなかったが、大きな為替差損が宗吉の手元に残った。

 

「これじゃダメだ」。方針を180度転換する。「アジアに出てきたのは、人口増加率と経済利益率に着目したからだ。中進国の罠に陥っているマレーシアで、高所得者や投資家向けマーケットを狙ってビジネスをやっていても意味がない。狙うターゲットは分厚くこれから成長する低・中所得者層に絞り込んだ方がいい」

 

宗吉はビジネスのやり方を根本的に見直した。できるだけ為替の影響を受けないよう投じる資金を絞り込み「1の金で10のプロジェクトを回す」。そのためにプロジェクトにはガッチリ噛み、土地の仕入れから商品設計、販売までもすべて手づくりで仕上げるやり方に切り替えた。

クリードグループ 代表

1965年生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、伊藤忠商事に入社。不動産開発やコーポレートファイナンスに従事したのち、1996年クリードを設立。
当時の国内不動産業界で一般的でなかったDCFの概念を取り入れた不動産投資・評価にいち早く着目し事業をスタート、私募不動産ファンド・REIT運用等を手がける。
2012年からは、マレーシアを皮切りに本格的に東南アジアでの不動産投資に着手。現在、シンガポールに拠点を移し、マレーシア、カンボジア、ミャンマー、バングラデシュ、ベトナムで事業を展開している。

著者紹介

日本経済新聞 記者

東京経済部で大蔵省、自治省などを担当後、金融、エレクトロニクス、石油、ビール業界等を取材。現在は医療、不動産関連の記事を執筆。著書に『田中角栄のふろしき』(日本経済新聞出版社)がある。

著者紹介

日本経済新聞 記者

2014年よりハノイ支局長としてベトナム全般を取材。現在は日経産業新聞の海外面デスクを務める一方、外国人労働者問題、ASEANなどを取材。著書に『現地駐在記者が教える 超実践的ベトナム語入門』(アスク出版)がある。

著者紹介

連載リーマンの敗者、沸騰するアジアの不動産市場で奇跡の復活

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

アジア不動産で大逆転「クリードの奇跡」

宗吉 敏彦 前野 雅弥 前野 雅弥

プレジデント社

クリードの奇跡の主人公、宗吉敏彦は、2009年1月9日、リーマン・ショックに巻き込まれ650億円の負債を抱えて倒産。いったん経済の表舞台から姿を消したものの再びアジアで復活したかと思ったら、世界的な新型コロナウイルスの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧