「お金のない」サラリーマンが急増…もらえる「年金額」に絶句

「老後に備えて貯蓄を」十分にできているでしょうか。子の教育費、親の介護費、自分の生活費…。日々の暮らしに精一杯な日本人の現状は、データにも表れています。

恐ろしい…年金「月20万円」でも資金が底をつく

■ゆとりある老後のためには、毎月35万円もの生活費が必要~意外にかかる老後の資金

 

では実際に、老後生活にはどの程度の資金が必要なのでしょうか。その金額は、現役時代の生活スタイルによって大きく異なります。現役時代に収入が高かった人ほど、支出も多く、贅沢な暮らしに慣れてしまっています。そんな人は、老後生活に突入しても、なかなか生活レベルを下げることはできません。「リタイアしたら質素に暮らそう」などと考えていても、簡単に節約生活などできないのです。老後生活に突入するまでに、節約生活に慣れておく必要がありそうです。

 

「夫婦2人で老後生活を送るのに必要な資金はどれくらいなのか」という意識調査を見ると、平均22万円となっています(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/2013年度)。これは、あくまでも日常生活にかかる最低限の金額です。ただ生活するだけなので、楽しく暮らすことはできないでしょう。

 

■どうせならゆとりある生活を送りたい

 

豊かな老後を過ごそうと考えれば、さらに必要な金額は増加します。同じ調査で、ゆとりある老後生活を送るためには、平均35.4万円の資金が毎月必要だと考える人が多いことがわかっています。日常生活にかかる最低の金額に加え、平均13.4万円が必要になるというわけです。なかには「ゆとりある老後生活なんて、そもそも無理。最低限の生活でかまわない」という人がいるかもしれません。

 

しかし、30年、40年、一生懸命働いて、老後生活が「最低限の暮らし」というのは、寂しい話です。しかも、年齢を重ねるほど、病気になる確率も高まりますから、多少のゆとりがなければ安心して暮らすことはできません。仮に公的年金で20万円を賄えたとすると、毎月15.4万円が不足することになります。老後生活は短くありませんから、3000万円の資金を老後資金として蓄えていたとしても、約16年で資金が底を突くということになってしまいます。

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

 

あなたにオススメのセミナー

    NITOH株式会社 代表取締役

    NITOH株式会社代表取締役。プロスポーツ選手として活躍後、個人投資家としてFXで大失敗したことをきっかけに23歳で起業。さまざまな投資を研究し、不動産投資こそ、着実に資産を増やすことのできる唯一無二の方法だと確信。現在は多くのサラリーマン・公務員に向け、安心・安定の副収入を確保するためのサポートをしている。
    WEB サイト http://www.nitoh.co.jp/

    著者紹介

    連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

    30歳から定年までで2億円つくる ほったらかし資産運用術

    30歳から定年までで2億円つくる ほったらかし資産運用術

    宮園 泰人

    幻冬舎メディアコンサルティング

    年収減少、増税、年金不安・・・サラリーマンの老後はどん底貧乏間違いなし!! 「下流老人」「老後破産」・・・サラリーマンの多くが、老後の生活に不安を抱えています。定年後の安定した生活には最低1億円、ゆとりのある生…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ