いよいよ今週末【8/7(土)開催】大人気セミナー「フィリピン永住権」取得術…さらに株式・不動産など最新投資機会を一挙紹介

恐ろしい…「退職金で投資デビュー」の発想が招く破産リスク

多くのサラリーマンにとって定年退職時に受け取る退職金は、人生で初めて目にする高額の現金ではないでしょうか。おまけに長年の重責から解放されたとなれば、つい気が大きくなり浪費しがちです。しかし、とりわけ注意が必要なのが「退職金による投資デビュー」です。多額の現金を保有する初心者は、大きなリスクと背中合わせにあることを忘れてはなりません。経済評論家・塚崎公義氏が解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

インフレ対策として、ドルや株の保有はお勧めだが…

サラリーマン(女性を含む、公務員等も含む、以下同様)は、退職金を受け取ると否が応でも老後資金のことを考えるようになるでしょう。まずは住宅ローンを返済し、残りの資金は銀行預金に置いておくべきか、それとも投資をするのか、迷う人も多いでしょう。

 

筆者としては、老後資金を全額銀行預金に置いておくことはお勧めしません。インフレがきたとき、銀行預金が目減りして老後の生活に困る可能性があるからです。それならば、資金の一部をインフレに強いドルや株式(具体的には内外株式の投資信託、以下同様)として持つべきだと考えています。

 

とはいえ、これまで投資をしてこなかった人が、いきなり退職金による多額の投資をすることは、以下の理由からお勧めできません。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

潤沢な退職金で、数百万円もの株を一気に購入!?

退職金は、まとまった金額が一度に支給されるので、投資をはじめようと考えた場合に頭に浮かぶ投資金額も、当然大きなものになるはずです。

 

しかし、投資に重要なのは「銘柄分散」と「時間分散」です。色々な銘柄の株式を、時間をかけて少しずつ買うことによって、一部の銘柄が暴落しても損失は限定的なものとなりますし、買ったときがたまたま株価暴落の直前だった、といったリスクも回避することができるわけです。

 

銘柄分散のほうは、投資信託を買うことで満たされるはずですが、退職金デビューでいきなり何百万円もの株を買うと、たまたまその日が株価暴落の直前だった、というリスクを抱えることになりかねません。

 

退職した段階で投資残高がなくても、一気に買うのではなく「今後数年間で目標投資額に達するように、少しずつ投資信託を購入していく」といった工夫をすれば、リスクは大幅に軽減できるでしょう。

 

退職金が出る前から(住宅ローンの繰上げ返済を我慢して)少しずつ積み立て投資を実行しておき、退職金で住宅ローンを返済する、といったことが実現できれば、さらにいいですが。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載「不確実性の時代」を生きる、投資初心者のための株式投資入門

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧