「頭の良さは生まれつき」と考える中学生…2年後驚きの変化が

今回は、幼児期から文字を教えるメリットと、その方法について見ていきます。※本連載では、25年前から幼児教育に取り組んでいる株式会社コペル・代表取締役の大坪信之氏が、子どもに「学ぶことの楽しさ」を教える方法を解説します。

[PR]3月24日(水)13:00~、オンラインにてセミナー開催!

企業オーナー必見!
「長期安定」×「社会貢献」優良教育事業の全貌

>>詳細はこちら<<

「誰よりも努力をし続けられる人」が天才と呼ばれる

「天才とは1%のひらめきと99%の汗である」で有名なエジソンは、電球を発明するまでに約1万回の失敗をしたといわれています。

 

ダーウィンは名著『種の起源』を書き上げるまでに、何年も調査を実施して、同僚や指導者達と何百回となく議論を交わし、草稿を幾たびも書き直し、半生をかけてようやく実を結びました。モーツァルトも、作曲家としては10年以上の苦しみを経てようやく、今日たたえられているような音楽を生み出すに至りました。

 

野球のイチローやサッカーの本田選手は誰よりも練習することで有名です。

 

つまり「天才」とは、誰よりも努力をし続けられる人たちなのです。しかし努力を続けるのはなかなか難しいものです。努力できる子どもの「心のあり方」はどうなっているのでしょうか?

 

努力できる子どもの「心のあり方」とは?(画像はイメージです/PIXTA)
努力できる子どもの「心のあり方」とは?(画像はイメージです/PIXTA)

 

子どもたちの「心のあり方」と成績の関係は?

「努力できる能力」と「心のあり方」の関係について研究している、スタンフォード大学のキャロル・S・ドゥエック心理学教授は、中学校に入学する小学生の子ども達を対象に「心のあり方」と成績の関係を調査しました。

 

「頭の良さは生まれつき」と思っているか、「頭の良さは努力次第」と思っているかを尋ねることで心のあり方を判定し、その後2年間にわたって、生徒達の成績や行動を追跡調査した結果、ひとつの結論を導き出しました。

 

「頭の良さは生まれつき」だと考えていた子ども達は、中学入学直後から成績が下がりはじめ、2年間着実に成績が低下していきました。一方、「努力次第で頭は良くなる」と考えていた子ども達は、2年間ずっと成績がアップし続けました。

 

生まれつきだと考えていた子ども達は、成績低下の理由を「数学が苦手だから」と自分の能力をなじったり、「先生の教え方がうまくないから」と責任を転嫁したりする傾向がありました。それに対し、努力次第と考えていた子ども達は、同じような不安のなかで全力で課題と向き合って、やるべきことから逃げず、勉強に励んだのです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

株式会社コペル 

幼児教室コペルは、専門講師によるテンポのよいレッスンと豊富なオリジナル教材で幼児期に学ぶ楽しさを教え、右脳教育をおこない、子どもの潜在能力を引き出します。0歳児から年齢に応じて、知育だけでなく心の子育ても大切にした幼児教育を行います。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

※当記事は、2018年12月4日刊行の書籍『「発達障害」という個性 AI時代に輝く――突出した才能をもつ子どもたち』から抜粋したものです。最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

大坪 信之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年増加している「発達障害」の子どもたち。 2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。 メディアによって身近な言葉になりつつも、まだ深く理解を得られたとは言い難く、彼らを取り巻く環境も改善した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!