灘高2年、下から50番目で東大医学部に現役合格できる理由

灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らないのも事実。自らが灘高、東大医学部卒業した精神科医の和田秀樹氏と、医療問題を抉り続ける気鋭の医療ジャーナリストの鳥集徹氏が「東大医学部」について語る。本連載は和田秀樹・鳥集徹著『東大医学部』(ブックマン社)から一部を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

灘高2年、下から50番目で東大理Ⅲに現役合格

高2で進路選択をし、東大理Ⅲに現役合格するということ

 

鳥集 私は医療ジャーナリストとして、今まで実にたくさんの医療者の取材をしてきました。東大医学部出身の医師にもたくさん会ってきました。

 

しかし、おこがましい言い方に聞こえるかもしれませんが、東大医学部卒の医師のお話を聞くと、「もったいないなあ」と感じることがあります。他大学出身の医師と比べて、とりわけスゴイ仕事をしていると思えないことも多いからです。

 

彼らは最も偏差値の高い理Ⅲに合格した、頭がよくて能力のある人たちです。日本の未来、もっと言えば、世界の医療を変えていく仕事をすればいいのに、と。だからこそ、「もったいないなあ」と思うのです。

 

今、全国に82校ある医学部のうち、偏差値1位が東京大学の最難関、理科Ⅲ類です。そこから後期課程で、「東大医学部」となります。いわば狭き門中の狭き門なのは間違いありません。そんな最難関に入れるなんて、どんな子どもだったんだろうと率直に思います。

 

灘中学校、灘高等学校。
灘中学校、灘高等学校。

 

そこで、最初におうかがいするのですが、和田さんが、東大理Ⅲの受験を意識したのは、何歳くらいからですか?

 

和田 高2になってからです。私の進路選択はすごく遅いほうでした。というのも私は、灘中・高*の出身なのですが、高1の頃までは、理Ⅲどころか、東大に入れるか入れないか微妙な成績だったのです。1学年約220人中、下から50番くらいの成績でしたから。

 

灘中・高
灘中学校、灘高等学校。灘五郷の酒造家、両嘉納家および山邑家の篤志を受けて、旧制灘中学校として昭和2年に創設される。当時の東京高等師範学校(現筑波大学)校長兼講道館館長であった嘉納治五郎氏が開校当初の顧問。校是にも柔道の精神「精力善用」「自他共栄」を採用している。戦後より、中高6年間の一貫教育の形態をとる。

 

鳥集 そもそも、高校入学時には医学部を目指していなかったということですか?

 

和田 最初に告白しておきましょう。私は高校1年生までは夢もなく、東大に入れるかどうかわからない少年でしたが、17歳のときにある映画を観て、将来は映画監督になるという夢を持ちました。だから自慢じゃないけれど、高3のときには映画を300本も観ていたのです。ただ、その当時に日活が助監督試験をやめたので、東大の文系から社員助監督になる道が閉ざされました。

 

そこで、自分で金を作って映画を撮ろうと思ったわけです。当時はATG(日本アート・シアター・ギルド)という会社が1000万円映画というのを始めたのですが、終身雇用の時代に、映画を撮るために休むことができて、そのための資金が作れる仕事は医者しか思いつきませんでした。弁護士も考えないではなかったのですが、大学に入ってからの勉強の大変さから、映画を観ることも、作ることもできないだろうと思ったこともあります。

 

小さい頃から親に言われていたことも思い出しました。「あんたは変わり者やから、会社勤めは続かんやろ。ちゃんと勉強して一生食べられる資格を取らんと大変なことになるで」と母親からは言われ続けていたのです。

 

当時はまだそんな言葉はありませんでしたが、母親は私のアスペルガー的な気質に気がついていたのだと思います。会社勤めをせずに一生食べられる資格とは、暗に「医者か弁護士になれ」と言っているなというのも薄々わかっていました。

 

確かに私は、思ったことをすぐ口にして友達を怒らせたり、相手の顔色を気にせず話を続けてしまったりすることがあって、母親の言う通りかもしれないと思うようになりました。

 

【オンライン(LIVE配信)】10/16(土)開催
安易な先延ばしは厳禁!工事費大幅増の危険も
マンション大規模修繕「信頼できる施工会社」の選び方 
詳しくはこちら>>>

和田秀樹こころと体のクリニック院長
精神科医

1960 年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学校国際フェローを経て、国際医療福祉大学心理学科教授。川崎幸病院精神科顧問。和田秀樹こころと体のクリニック院長。「I&C キッズスクール」理事長。一橋大学経済学部非常勤講師。27 歳のときに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナール創業。製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞( グランプリ) を受賞し、『「わたし」の人生 我が命のタンゴ』もモナコで4部門受賞、『私は絶対許さない』でインドとニースの映画祭で受賞するなど、映画監督としても活躍している。

著者紹介

ジャーナリスト

1966年兵庫県生まれ。同志社大学大学院修士課程修了(新聞学)。会社員、出版社勤務等を経て、2004年から医療問題を中心にジャーナリストとして活動。タミフル寄附金問題やインプラント使い回し疑惑等でスクープを発表してきた。2015年に著書『新薬の罠子宮頸がん、認知症…10兆円の闇』(文藝春秋)で、第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。他の著書に『がん検診を信じるな~「早期発見・早期治療」のウソ』(宝島社新書)、『医学部』(文春新書)など。

著者紹介

連載「東京大学医学部」偏差値トップの超エリートコースはいま

東大医学部

東大医学部

和田 秀樹 鳥集 徹

ブックマン社

灘高→東大理Ⅲ→東大医学部卒。それは、日本の偏差値トップの子どもだけが許された、誰もがうらやむ超・エリートコースである。しかし、東大医学部卒の医師が、名医や素晴らしい研究者となり、成功した人生を歩むとは限らない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧