【中学受験の地理】鉄鋼業がさかんな日本の10都市はどこ?

中学受験専門塾の著名講師が、難関中学入試に頻出する「地理」のポイントをわかりやすく解説! 軽妙な筆致で書かれた各県の魅力や特徴を読み進めれば、自然と知識が身につきます。ここでは、多くの小学生が苦手とする「工業」について紹介。重化学工業の種類をはじめ、鉄鋼業についてわかりやすく解説します。※本記事は、『合格する地理の授業 日本の産業編』(実務教育出版)から抜粋・再編集したものです。

鉄・アルミ原料の輸入元は?鉄鋼業がさかんな都市は?

 ●鉄の原料は、石炭を蒸し焼きにしたコークス・鉄鉱石・石灰石 

 

鉄をつくる工業のことを鉄鋼業と言います。鉄の原料は主に3つ。石炭蒸し焼きにしたコークス鉄鉱石石灰石です。この3つはよく試験に出てきます。絶対に覚えておきましょう。

 

[図表3]鉄の生産

 

鉄鉱石の「鉱」という字にも注意。「鋼」と間違えないようにしてくださいね。原料は「鉄石」、完成品は「鉄」。この2つを区別して、覚えてしまいましょう。

 

 ●石炭と鉄鉱石の輸入先はオーストラリア 

 

さて、石炭と鉄鉱石はどの国からの輸入が一番多いでしょうか? 

 

答えは、石炭鉄鉱石オーストラリアです。ちなみに石炭の2位はインドネシア鉄鉱石の2位はブラジルです。

石炭も鉄鉱石も輸入先1位はオーストラリア
石炭も鉄鉱石も輸入先1位はオーストラリア

 

昔は、石炭は国内で採掘できていました。また、鉄鉱石も中国から多く輸入していました。このことは『合格する地理の授業47都道府県編』九州地方・福岡県のページでも説明しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

 ●「電気の缶詰」アルミニウム 

 

アルミニウムの原料は、ボーキサイトです。

 

「何それ?」と思っている人も多いかもしれませんね。ボーキサイトとは、石の1つだと思ってください。アルミニウムは、つくるのにたくさんの電気を必要とするため、「電気の缶詰(かんづめ)」と呼ばれています。

 

日本では、静岡市の蒲原町(かんばらちょう)で2014年3月まで生産していました。

 

日本は電気代が高いので、自国で生産しても利益が出づらいのです。ですから、現在はボーキサイトからアルミニウムを生産することはしていません。

 

アルミニウムは、鉄などと同じ金属ですが、おにぎりを包むアルミホイルのように、身近なところでも多く使われています。

 

 ●製鉄所がある地域 

 

製鉄所がある地域は、できれば全部覚えましょう。

 

「暗記は苦手だ、やりたくない!」という場合は、まず鹿嶋(かしま)君津(きみつ)川崎市、東海倉敷(くらしき)から押さえてください。

 

[図表4]製鉄所がある地域

 

ただし、日本の鉄鋼業は、安く大量生産している中国に押されてしまっています。たとえば呉(くれ)市にある日本製鉄の高炉は、2023年をめどにすべて閉鎖。和歌山県や北九州の高炉も、部分的に閉鎖することが決まっています。

 

 ●鉄鋼業がさかんな10都市の覚え方 

 

6年生の授業では、いきなり「鉄鋼業がさかんな都市を10個書いてみよう」と課題を出されることがあります。10都市がすぐに出てくれば立派です! みなさんも1つでも多く覚えておいてくださいね。

 

普段あまり語呂(ごろ)合わせは使わないのですが、ちょっとつくってみました。

 

 

どうでしょう?

 

おお くら いい 様、とう さん あさん、 かし ン」

 

大きな声を出すと、お父さんやお母さんに怒られてしまうかもしれませんから、小さな声でお願いしますね。

 

 

 

松本 亘正
中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    中学受験専門塾ジーニアス 運営会社代表 

    慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校し、運営会社の代表に就任。現在は東京・神奈川の6地区に校舎がある。

    ジーニアスはハイレベルな少人数制指導塾として、1学年200人強から開成、麻布などの御三家各校、筑波大附属駒場、慶應中等部、早稲田実業、渋谷教育学園渋谷、ラ・サールなど超難関校に例年合格者を多数輩出しており、募集時には毎年満席になる校舎もある。また、家庭教師のトライの映像授業「Try IT」の社会科を担当し、高校受験生からの支持も厚い。

    おもな著書に『合格する算数の授業 図形編・数の性質編』『合格する地理の授業 47都道府県編・日本の産業編』(実務教育出版)があり、ほめて伸ばすだけをよしとしない、タイプ別に子どもへの対応方法を変えるなど独自の子育て論にも注目が集まっている。

    著者紹介

    連載楽しく学べる!「中学受験・合格する地理の授業・日本の産業」工業の種類編

    中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する地理の授業 日本の産業編

    中学受験「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する地理の授業 日本の産業編

    松本 亘正

    実務教育出版

    毎年、たくさんの合格者を輩出する中学受験専門塾ジーニアスの授業を再現! 中学入試「社会・地理」の押さえどころが、おもしろいほど理解できます。資源の乏しい日本が、どのように時代の変化に対応して、さまざまな産業を発…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ