月20万円だったが…老後もらえる「公的年金額」に日本人絶句

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点をあてるのは「老後の生活設計」。世論調査から、日本人の老後観についてみていきます。

日本人の23%…老後は年金が頼り

老後の生活設計の期間はどの程度と考えているのでしょうか。「10年間以下」が12.2%、「15年間程度」が24.1%、「20年間程度」が38.4%、「25年間程度」が12.2%、「30年間以上」が8.9%。また年齢階級でみてみると、どの年代でも「20年間程度」との回答が最も高くなっています。

 

さらに老後の生活設計における公的年金の位置づけとして、「全面的に公的年金に頼る」が23.0%、「公的年金を中心とし、これに個人年金や貯蓄などを組み合わせる」が55.1%、「公的年金にはなるべく頼らず、できるだけ個人年金や貯蓄などを中心に考える」が15.5%、「公的年金には頼らない」が4.8%。つまり8割は「年金がなくては困る」と考えています。

 

65歳で定年を迎えたとしたら、現在の平均年齢から考えると、余生は20年程度。それくらいであれば年金を頼りに暮らしていけるか……と想定している人が多数派ということがわかりました。

「年金だけで暮らしたい」は実現するのか?

しかし現在85歳以上人口は7.4%。13人に1人という水準です。定年後の余生、もう少し長く見積もっていたほうが安心ではないでしょうか。

 

総務省の「家計調査」(2019年)で「65歳以上世帯」に注目すると、高齢者世帯の「実収入」は世帯主が無職の場合で月額24万5374円。そのうち「公的年金」は20万2746円で、65歳を超えても年金以外に毎月4万円以上の収入を得ています。

 

一方で収入に対して毎月の支出額を引いた黒字月額は-2万8472円。つまり1年で35万円、10年350万円、20年で700万円近い赤字になる計算。毎月「公的年金+4万円」の収入を得ていたとしても、毎月3万円近い赤字となる……それが現状で、「年金だけで暮らす」というのは夢のまた夢です。

 

さらに厚生労働省「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」で給付状況をみていくと、厚生年金保険(第1号) 受給者は3,530万人で、受給者一人当たりの平均年金は月額約14万6,000円。世帯平均では20万円近い年金額も、一人当たりでは15万円以下。つまり単身の高齢者が年金だけで暮らしていこうと考えるならば、毎月の支出は14万円程度に抑えなければならないということ。かなり質素な生活を迫られます(関連記事:『都道府県別「年金受給額」ランキング…年55万円もの地域差が』)。

 

さらに日本の平均寿命は伸び続けています。せっかくの長生きがリスクとなる……日本はそんな悲しい状況に直面しています。

 

長生きのリスクに備えるために、資産形成の重要性はさらに高まっています。早めに準備を始めて損はありません。自身ができる範囲で、興味のある方法で、スタートしてみてはいかがでしょうか。

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧