子のない夫婦…夫の死で「義母名義の自宅」を追われた妻の悲劇

仲睦まじく暮らしていたごく普通の夫婦。夫の母は高齢となり、認知症を発症しますが、家族で心配をしていた矢先、夫が突然死してしまいます。夫も子もない妻は、相続権を持たない義母名義の家から追われることに。最悪の事態を防ぐには、どんな対策が必要だったのでしょうか?

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

夫婦が暮らす品川の邸宅は、夫の母親名義

超高齢化社会となった日本。平均寿命は延びましたが、それによって親よりも子どもが先に亡くなる「逆縁」も増えてきました。子どもにとっては、年老いた親を残して旅立つほどの心残りはなく、親にとっては、子どもに先立たれるほど悲しいことはありません。

 

しかし、現実的な問題として、逆縁は相続問題を複雑化することも多いですし、残された親族の人生を大きく変えるトラブルの火種となる心配もあるのです。

 

ここでは、夫が突然死したことで、姑名義の家に暮らしていた妻が窮地に立たされた事例を紹介します。

 

******************

 

A子さんは東京都品川区に住む専業主婦です。夫は大学の同級生で、舅姑には学生時代からかわいがられていました。数十年前に結婚した際、姑は二人のために、自分が所有する大きな一軒家で生活するよう勧めました。姑は資産家の一人娘で、都内に数軒の不動産を所有しているのです。

 

A子さんと夫は広い家で円満に暮らしていましたが、残念ながらお子さんには恵まれませんでした。しかし、それをとがめられることもなく、舅姑ともいい関係を保ちながら交流を続けていました。

 

会社役員だった義父は70歳で退職し、その後しばらくして他界。すると、姑には認知症の症状が現れはじめ、次第にひどくなってきました。A子さんは施設への入所を提案しましたが、夫のきょうだいである二人の妹は、首を縦に振りません。

 

「お母さんを施設に入れたらかわいそう。どうして住み慣れたところを離れなければいけないの?」

 

話し合った結果、A子さん主導で姑の面倒を見ることになりました。夫が長男であること、A子さんが専業主婦で子どもがいないこと、夫の二人の妹は嫁いでおり、まだまだ子どもに手がかかることが理由でした。

 

 

菱田司法書士事務所 代表

東京都生まれ。明治大学法学部卒業。都内の司法書士事務所で経験を積み、のちに菱田司法書士事務所に移る。相続、遺言、不動産に関する案件を多く手掛けている。

菱田司法書士事務所は、東京都大田区大森で85年以上にわたって相続の問題を扱っている老舗。現在の代表は4代目に当たる。

菱田司法書士事務所ウェブサイト:https://hishida-jimusho.net/

著者紹介

株式会社トータルエージェント 代表取締役社長
相続診断士
宅地建物取引士

昭和46年2月生まれ。専修大学経営学部卒業後、不動産仲介、建売分譲会社に9年間勤務。32歳で独立し、株式会社トータルエージェントを設立。独立時は任意売却業務を中心に事業展開していたものの、7年前より不動産相続コンサル業務に特化。

毎週木曜日かわさきFMにて相続の専門家をゲストに招き「高木優一の不動産・相続お悩み相談室」にて情報発信する傍ら、相続コンサル会社が運営する葬儀社「合同会社春光舎」の代表社員としても活躍中。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は、不動産・相続お悩み相談(http://www.fudosan-consulting.jp/)に掲載された記事を再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧