勤務先の将来性も明らかに…経営指標「ROA・ROE」とは?

企業の経営状態を知る指標は多くありますが、なかでも重要なのが「ROA(総資産利益率)」と「ROE(自己資本利益率)」です。シンプルな計算式から導き出される数値ですが、企業の健全性や投資メリットなどを分析するために活用されています。勤務先企業の経営状態を知る手段として、また、株式投資の判断基準として利用すれば、人生のリスク回避の一助となるかもしれませんよ。経済評論家・塚崎公義氏が平易に解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「ROA」を見れば、効率的な経営かどうかがわかる

ROAとは「Return on Assets」の略で、日本語では総資産利益率と呼ばれます。損益計算書の利益(通常は当期利益)を貸借対照表(バランスシート)の総資産(左側)で割った比率のことです。

 

 

 

利用している資産を効率的に利益に結びつけているか、という指標であると同時に、株主と銀行から調達した資金を効率的に利益に結びつけているか、という指標でもあります。貸借対照表の左側(総資産)は負債(銀行等から調達した資金)と資本(株主から調達した資金)の合計だからです。

 

貸借対照表についての入門的解説については拙稿『大学教授が高校生にもわかるように「バランスシート」を解説』を、損益計算書については拙稿『子どもに「損益計算書ってなに?」と聞かれたらどう答えるか』を、併せてご参照いただければ幸いです。

 

ROAを高めるのは、経営者の重要な仕事です。効率的に経営して利益を稼げばROAは上がりますが、非効率な経営をしていてはROAは上がらないからです。

「ROE」が株式投資の世界で重視されるワケ

ROEは、Return on Equityの略で、日本語では自己資本利益率と呼ばれます。損益計算書の利益(通常は当期利益)を貸借対照表(バランスシート)の純資産(右下。自己資本とも呼ばれる)で割った比率のことです。

 

 

 

株主に出してもらった資金を効率的に利益に結びつけているか、という指標であるため、株式投資の世界ではこれが重視される場合も多くなっています。

 

ROEを高めるためには、ROAを高める事が基本ですが、もうひとつは自己資本比率を引き下げるという手段もあります。株主から集める資金を少なめにして、銀行から借りる資金を多めにするのです。これについては後述します。

企業経営は「ROAとROE」で評価するのが普通

A社がB社の2倍の利益を稼いでいたとしても、A社の会社の規模がB社の5倍だったとすれば、B社の方が効率的に利益を稼いでいるということになるはずです。

 

そのためには、比率で比較するのが便利です。利益を会社の規模で割った比率で比較すれば、どちらの会社が効率的に利益を稼いでいるのか一目瞭然だからです。

 

その際に頻繁に用いられるのがROAとROEなのです。しかし、ROAやROEで会社の優劣を考える際には、気をつけるべきことが多いので、慎重に考える必要があります。

 

同業他社と比べる場合や、過去の自社と比較して状況が改善しているのか悪化しているのかを判断する場合などにはあまり心配はないのですが、業界が異なる会社等との比較は慎重に行いましょう。

「ROAの高い会社=いい会社」といい切れるか?

ROAの高い会社は、いい会社だと考えていいでしょう。もちろん、例外はあります。たとえば、今年だけ特殊な事情で利益が実力より大きかったり小さかったりするかもしれませんから。

 

本社等を所有している企業と、借りている企業とでは、資産の規模が大きく異なるでしょうから、単純な比較は要注意です。もっとも、本社等を借りる費用を払ったうえでの「小さな利益」を「小さな資産」で割るわけですから、同業者であれば、それほど大きな問題はない場合が多いでしょう。

 

一方、異業種の場合は単純な比較は危険です。たとえば「塚崎経済研究所」という会社が、資産はパソコン1台だけで原稿料を稼いでいるとすれば、ROAは非常に高いかもしれません。一方で、発電所等を持っている電力会社などは、それほどROAは高くないでしょう。しかし、この場合にはROAで優劣をつけるわけにはいかないでしょう。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載経済初心者のための「超入門」講座

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!