子の自立は保護者次第…「甘え」と「甘やかし」の違いとは?

我が子により良い将来を、と考えるあまり、進路や就職先に口を出してしまう保護者は少なくありません。しかし、その行動が我が子の成長を阻んでしまうのです。今回は、なぜ子どもに自己決定させるべきなのか、見ていきましょう。

なぜ、今「児童発達支援事業」が求められているのか…
>>>>>>>>記事を読む<<<<<<<<

「甘えさせる」と「甘やかす」に、違いはあるのか

「甘えさせること」と「甘やかすこと」の違いをご存じでしょうか?

 

愛情をたっぷり注いで育てるというとよいことに思いますが、「これは子どもをわがままにさせてしまうのでは?」と甘えさせていいのか迷うことがあるかもしれません。今回は、甘えさせることと甘やかすことの違いを整理していきましょう。

 

◆「甘えさせる」とは?

 

「甘えさせる」というのは、たとえば子どもが「抱っこして~」と寄ってきたときに、「大好きよ」と抱っこしてあげることです。「ねえ、ママあのね」と話しかけてきたら、「なぁに?」と子どもの方を向いて話を聞いてあげることです。

 

親にたくさん甘えることができた子どもは、「甘えたいという気持ち」が満たされるので、スムーズに自立することができます。ところが、充分に甘えさせてもらえなかった子どもは、「甘えたいという気持ち」がいつまでも残ってしまうので、上手に自立することができないのです。

 

子どもは、忙しいときにかぎって、「ママ、ママ~」と甘えてきたりします。そんなときは、どんなに忙しくても、10秒でいいからしっかりと抱きしめてあげてください。1分でいいから、「なぁに?」と話を聞いてあげてください。それだけで、子どもは親の愛情を実感できるのです。

 

安心は心の安定につながりますし、それがやる気、頑張る気持ちにつながります。これが、「甘えさせる」ということです。

 

 

◆「甘やかす」とは?

 

たとえば、「ママ、抱っこして~」と甘えてきたとき、「アイスあげるから、食べててね」とか、「いま、忙しいからビデオみようね!」などと、対応することです。つまり、子どもの甘えたいという気持ちに「心」で応えず、「物」などを与えてしまうことです。

 

「心」が欲しい子に「物」を与えてしまうと、物だけでは満足できないのでわがままはエスカレートしていきます。「心」が欲しい子には、「物」ではなく愛情を与えなければならないのです。スーパーでお菓子を泣いてほしがる子には、「あれが食べたかったね。でも、今日は買う日じゃないから帰ろうね」と抱きしめて愛情を与えてください。

 

そして、子どもが落ち着いたら「がまんできたね」とほめて、心を育ててください。ねだられると、時間に関係なくジュースやお菓子を与える、欲しがるだけおもちゃを買い与える、見たがるテレビやゲームは見たいだけ見せるといった物を制限なく与えることを、「甘やかす」といいますので、区別しておきましょう。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

株式会社コペル 

幼児教室コペルは、専門講師によるテンポのよいレッスンと豊富なオリジナル教材で幼児期に学ぶ楽しさを教え、右脳教育をおこない、子どもの潜在能力を引き出します。0歳児から年齢に応じて、知育だけでなく心の子育ても大切にした幼児教育を行います。

著者紹介

連載子どもの可能性は無限大!幼児教育のプロが教える「育脳」の進め方

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

「発達障害」という個性 AI時代に輝く──突出した才能をもつ子どもたち

大坪 信之

幻冬舎メディアコンサルティング

近年増加している「発達障害」の子どもたち。 2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。 メディアによって身近な言葉になりつつも、まだ深く理解を得られたとは言い難く、彼らを取り巻く環境も改善した…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧